shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「坂道のアポロン」初日舞台挨拶!

小松菜奈出演映画「坂道のアポロン」が3/10(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に小松が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

小松は、千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子を演じている。

舞台挨拶にて小松は、「やっと公開されるということですごく嬉しいです。取材とか舞台挨拶でキャスト・スタッフの方々と会うと、撮影の日々をいろいろと思い出します。撮影のことを話し出すと止まらなくて、取材もあっという間ですぐに終わってしまうんです。本当に幸せで楽しいかけがえのない時間だったと思います。(キャッチフレーズに)“僕らの10年”と書かれていますが、私たちにとっても大切な時間になりました。また観ていただけたら嬉しいです。宜しくお願いします。」とコメント。

同作が、運命を変える一生ものの友情、恋、音楽との出会いにキャラクターたちが動き出していく作品になっていることから、“自身の一生ものだと思うものは?”という質問を受け、同作のメガホンをとった三木孝浩監督の手紙をあげ、「撮影に入る前に手紙をいただきました。三木さんがニコニコしながら手紙を書いてくださっているんだなと思い浮かべながら読みました。自分のために手紙を書いてくださっていることが嬉しくて、“この作品はこういう風にしていきたい、律ちゃんとしてこういう風にいてほしい”といった手紙でグッとくるものがありました。以前ご一緒した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の時も三木さんから撮影に入る前にお手紙をいただいて、メールよりも手書きで書かれていたことで自分の中にスッと入ってきて、その手紙が背中をポンと押してくれていました。」と感謝すると共に、「頑張ろうとはもちろん思いますが、どこかで不安があったり、原作ものは特にプレッシャーを感じながら挑んでいて。(自分の)役と向き合うのはひとりですが、キャストの方々と一緒に芝居をしていると、ひとりではないって思えて、その時間が大好きで嬉しかったです。」と回顧した。

映画「坂道のアポロン」は、現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top