shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『坂道のアポロン』公開御礼イベント!

三木孝浩監督作品・映画『坂道のアポロン』の公開御礼イベントが3/19(月)TOHO シネマズ六本木にて行われ、知念侑李さん、中川大志、小松菜奈と共に三木が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

上映後に行われた舞台挨拶にて三木は、「映画はいかがだったでしょうか。みんなで揃ってご挨拶できるのは今日が最後だと思うので、思い出に残る舞台挨拶にしたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

3/10(土)公開初日の出口満足度調査は95%、映画レビューサイト「Filmarks」の初日満足度ランキングで邦画第1位に輝くなど、感動の声が多く寄せられているが、「Twitterなどで感想をいただくのですが、50代、60代の方からの感想がすごく多くて、上の世代の方にも響いていることがすごく嬉しかったです。ビックリしたのは、『いぬやしき』や『GANTZ』などの原作者・奥浩哉さんが“傑作だから観にいったほうがいいよ”と大絶賛してくださっていて、それも嬉しかったです。」と笑顔を見せた。

その後、映画公式Twitterに寄せられた質問が読み上げられ、“皆さんの運命を変えた出会いは?”という質問に、「映画を好きになったきっかけが、小学2年生の頃に観た大林宣彦監督の『時をかける少女』。映画ってなんて素敵なんだろう、自分もその世界にずっと入っていたいと思わせてくれる映画に出会えたことが、今に繋がっています。今回、大林監督が『坂道のアポロン』を観て素敵なコメントを寄せてくださったんです。10代の頃に大林監督に憧れて監督になりたいと思った自分に、“大林監督に観てもらえたんだよ”と伝えたいなと思うくらい嬉しかったです。大林監督から僕が受けた一生ものの出会いが、この映画を観た方の生涯の1本になってくれたら嬉しいなと思いました。」と語った。

この日は、原作者・小玉先生から知念さん、中川、小松、そして三木へ手紙が贈られるサプライズが―。三木へ“実写映画化が立ち上がった当初は、正直あまり期待していなかった。漫画と映画は別物だから、と線を引かれ、違うものになってしまうことも覚悟していた。でも監督にお会いしてそんな心配は吹き飛んだ。監督の発言のひとつひとつが原作への愛に溢れていて、私が何も言わなくても世界観やキャラクターを理解していることがわかった。撮影現場を見学した時には、目の前にある光景がイメージ通りすぎて、「監督は私の頭の中を直接覗いたんだろうか…」と、怖くなるくらいだった。”と始まる手紙は最後に、“実写化を三木監督にお願いして良かったと心から思っています。これ以上ない、最高の実写化であり、一本の映画として素晴らしいものにして下さいました。本当にありがとうございました。”と締めくくられており、「ありがとうございます。本当に…頑張ってくれたんです!自分の想像の100倍すごい演奏シーンが撮ることができて良かった。」と3人に駆け寄り抱き合いながら嬉し涙。さらに、「3人(知念さん・中川・小松)をキャスティングできたことがとても幸せでした。現場中もとても楽しくて、自分の人生にそういう時間があったことが一生ものだなと感じたので、みなさんの心に届くものになってくれれば本当に嬉しいですし、この作品に出会えたことが最高の宝物です。」と熱く語った。

監督作品・映画『坂道のアポロン』は現在公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top