shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

常盤貴子 「フランス映画祭 2018」フェスティバル・ミューズに決定!

常盤貴子が6月に横浜にて行われる「フランス映画祭 2018」のフェスティバル・ミューズを務めることが発表された。

「フランス映画祭」は1993年、当時のユニフランス会長で映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエさんにより横浜で誕生。
2006年に会場を東京に移し、 2011年より2016年まで、有楽町朝日ホール及び TOHOシネマズ日劇で開催、 2012年からは、アンスティチュ・フランセ日本の協力により、地方での開催が実施されいる。
日仏交流160周年となる今年は、13年ぶりにフランスとも親交が深い街・横浜での開催が決定。フランスを代表する豪華映画俳優や監督が来日を予定しているほか、全て日本未公開のフランス映画を楽しめる、フランス映画ファン必見の映画祭となる。

横浜出身でもあり、何度もフランスを訪れたことのある常盤は、「映画は学校では教えてくれない多くの大切なことを、いつも、私たちに教えてくれます。フランス映画は私にとって、ファッション、メイク、ライフスタイルなどにおいて、教科書のような存在でした。
映画の老舗国でもある「フランス映画」の祭典を催してくださるというのは、一人のフランス映画ファンとして、とても嬉しいことですし、私が育った街・横浜市での開催とあれば、こんなに誇らしいことはありません。
皆さんの、忘れられない一本に出会えますように。」とコメントを寄せた。

「フランス映画祭 2018」は6/21(木)~24(日)横浜・みなとみらい地区を中心に開催。
詳細は公式サイトでご確認ください!

■「フランス映画祭 2018」公式サイト
http://unifrance.jp/festival/2018/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top