shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『響-HIBIKI-』公開決定!

月川翔監督作品・映画『響-HIBIKI-』が9/14(金)公開されることが決定した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」で連載中、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴によるコミック「響 ~小説家になる方法~」の映画化で、圧倒的な才能を持ち、自分の感覚に正直に生きる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響が、周囲の人々の価値観を変えていく物語。
主人公・鮎喰響を演じるのは、今作が映画初出演、そして初主演となる欅坂46の平手友梨奈。さらに、響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には、北川景子。そして、響が入部した文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏をアヤカ・ウィルソンが演じる。さらに、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生といった俳優陣が、響を中心に描かれる人間ドラマを彩る。

月川は、「原作の無類の面白さを、どうしたら映画でより増幅させられるか、悩みながら取り組んでいます。どこかで映画としてキレイにまとめようという気持ちは捨てました。いびつでも、強引でも、響の芯を曲げずにやりきろうと腹を括っています。」とコメント。

さらに出演キャストについて、「主演に平手友梨奈さんの名前が挙がったとき、リスクの大きい選択だと思いました。現場が止まるかもしれないし、大変そうだ、と正直思いました。が、それを何百倍も上回る期待感で、平手さんが演じる響を見たいと思いました。響役を表現する上で、最高到達点にいけるのは平手さんしかいないと思うからです。北川景子さんは今、女優さんとしてとても充実した時期にあると傍目で見て感じています。これまで積み上げてこられた経験値と技術が高いレベルで調和している。そんな充実した時期に立て続けにご一緒できる喜びを感じています。アヤカ・ウイルソンさんは間違いなくこの役に勝負をかけてくると思います。お芝居に関しては長いブランクもありますが、ハマり役になる可能性に賭けます。」と期待を寄せた。

映画「響-HIBIKI-」は9/14(金)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、
出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。
響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は
過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、
様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。

【公式サイト】
http://hibiki-the-movie.jp/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top