shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 オムニバス映画「十年Ten Years Japan」出演決定!

太賀が、2018年秋公開のオムニバス映画「十年Ten Years Japan」に出演することが発表された。

同作は、香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像
作家が独自の目線で10年年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト「十年
Ten Years International Project 」の日本版。
日本版のエグゼクティブプロデューサーは、最新作「万引き家族」(6/8公開)が第71回カンヌ国際映画祭に自身5度目のコンペティション部門への出品が決定した是枝裕和監督。是枝監督の最終ジャッジのもと、脚本(プロット)のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して5人の日本の新鋭監督たちが選ばれ、2017年10月~12月に計5作品の撮影が行われた。
石川慶監督の「美しい国」で主演を務める太賀は、自衛隊徴兵制が義務化された日本で、徴兵制告知キャンペーンを請け負った広告代理理店で働く若者を演じる。

出演にあたって太賀は、「『美しい国』の脚本を読んだ時、途方もなく突き放された気持ちになりました。それは主人公と同じような、自分自身の無自覚さへの失望でした。出演を即決しました。近い将来がどうなってしまうか、映画でさえ必要とされているのかもわかりませんが、変わりゆく日本でこうした作品がいま産み落とされる事にとても意義を感じます。石川組に参加出来た事を誇りに思います。」とコメントを寄せた。

オムニバス映画「十年Ten Years Japan」は、2018年秋、テアトル新宿ほか全国順次公開。
ぜひご期待ください。

【「美しい国」ストーリー】
自衛隊徴兵制が義務化された日本。徴兵制の告知キャンペーンを防衛省から請け負った広告代理店に勤める渡邊は、政府からの要請で若者に親しみやすいポスターデザインに変更する為、元のデザインを担当したベテランデザイナー・天達に一人謝罪しに行くことに。そこで天達のデザインに込められた思いを知ることになる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top