shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「青夏 きみに恋した30日」クランクアップ!

葵わかな W主演映画「青夏 きみに恋した30日」(8/1(水)公開)が5/3(木)、約1ヶ月に及ぶ撮影期間を経て、ついにクランクアップを迎えた。

同作は、2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミックの映画化。
【都会】育ちの理緒と、【田舎】で暮らす吟蔵、出会うはずのなかった2人の<運命の夏休み>を描いたピュアラブストーリーとなっている。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

新年度が始まって間もない4/2(月)にクランクインした同作は、葵演じる理緒が夏休みの間過ごすことになる自然豊かな田舎を再現するために、三重県を中心にオールロケを敢行。まだ少し肌寒さの残る中、夏祭りのシーンや、川でのバーベキューなど、まさに〈夏〉の撮影が実現した。
また共演経験のある葵、佐野を中心に、同世代のキャストが多い今回の現場では、待機時間も互いの写真を撮り合ったり、撮影が休みの日には観光に出かけるなど、劇中さながら、同級生や地元仲間のような仲の良さで、終始にぎやかな現場に―。クランクアップ当日は、キャストとスタッフで記念撮影会が続くなどチームワークの良さが伺える一体感と、撮影を終えた達成感に包まれた。

撮影を振り返り葵は、「撮影は春でしたが、実際に夏休みを過ごし、次は秋が来るのではと思えるくらいちゃんと夏休みを体験できた1ヵ月でした。同世代の子が多い現場が自分の中では珍しく、あまりない経験だったので、みんなと一緒に走ってる感じが凄く楽しかったです。スタッフさんとも1ヵ月しか一緒にいなかったのに、あだ名で呼び合ったりするくらい仲良くなれた現場でした。皆さんのおかげで理緒を今日まで演じることが出来ました。これから多くの方に観て頂けるように宣伝を頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。」とコメント。

佐野勇斗との共演について、「過去に共演作もあり、仲は良かったのですが、今回は恋の相⼿役ということで、自分でもどんな気持ちになるのかクランクイン前はわからなかったのですが、実際に撮影が始まると、その関係性があったおかげで、どこかで言葉にしなくても分かり合える空気感が出来ていて、とても信頼できました。今回こういうタイミングでご一緒出来たのはすごく良かったです。」と振り返った。

そして最後に、「この映画は16歳の女の子が一生懸命、誰かを想うストレートな話ですが、もしかしたらこれから映画を観て下さったあなたが経験する未来かもしれないし、もう過ぎてしまっていても、昔そんなことがあったのかもしれないと思えるような身近に感じられる物語だと思います。この映画を観て「ああ、夏だな」と思ったり、「田舎に行こうかな」と思ってくれたら嬉しいです。そして「恋したいな」って思っていただけたら素敵だなと思います。」と期待を寄せた。

映画「青夏 きみに恋した30日」は8/1(水)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top