shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中島良 監督作品・映画『兄友』初日舞台挨拶!

中島良監督作品・映画『兄友』が、5/26(土)公開初日を迎え、品川プリンスT・ジョイにて行われた舞台挨拶に中島が登壇した。

累計部数80万部を超える人気コミックス「兄友」(白泉社刊『花とゆめ』にて連載中)が待望の実写映画化。
イケメンなのに恋愛にオクテな男子高校生・西野壮太(横浜流星)と、恋に興味なしの所帯じみた女子高校生・七瀬まい(松風理咲さん)との壁越しつつ抜けラブ・ストーリーが描かれる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した中島は、「皆さん、本日はお越しいただきましてありがとうございます。精一杯作った作品なので、たくさんの人に観ていただけてとても光栄です。最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

本作の見どころについて、「この作品の裏キャラの犬を観てほしいです。福山さんのシーンで犬の米粒を取るというシーンがあるんですけど、そこで犬が良い角度に顔をふわっと曲げて、いろいろな声のパターンを作って最終的に“フガッ”みたいな声をあてています。(キャストの)皆と犬とのコラボレーションに注目してほしいです。」と語った。

さらにこの日は、横浜へのサプライズとして、監督・共演者からメッセージ入り色紙のプレゼントが贈られた。中島は、『世界へ飛び出せ!』という言葉を贈り、「これから世界中にファンが付くと思います。キャストの皆にとってもそうですが、海外の作品にも出てほしいです。今ここにいるお客さんに対しても言いたいのですが、自分の可能性を広げていってほしいなと思います。」とエールを送った。

最後に「公開期間は短い作品ですけれども、このキャスト・スタッフでしか作れない唯一無二の作品になっています。そして映画にもメッセージを込めています。それは恋愛をすることにおいて、上手くするというよりも、不器用でかっこ悪くてもいいから、お互い正直な気持ちで向き合えばいいということです。このメッセージを届けるためには皆さんの応援が必要です。これからもどうぞよろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

監督作品・映画『兄友』は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
イケメンなのに女子に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日、ドSな友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん…可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。ところが、恋愛にウブすぎる2人の仲は、なかなか進展しない。これって、本当に付き合ってるの?!妹・秋(小野花梨)がアルバイトをする犬カフェ「Happy Dogs」のオーナー橘萩之介(福山潤)に、恋愛講座を受ける壮太。名前を呼ぶのはどうすればいい?デートの場所は?初めての恋愛にとまどうばかりの壮太だったが、そんなある日、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい、壮太にまさかの宣戦布告で三角関係勃発?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top