shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

栗原吾郎 映画「EVEN~君に贈る歌~」公開記念イベント!

栗原吾郎出演映画「EVEN~君に贈る歌~」(6/2(土)公開)の公開記念イベントが新宿BLAZEにて行われ、栗原が出演した。

同作は、インディーズバンドに起こる奇跡を描いた音楽映画。劇中では、桜田 通さんをボーカルに、栗原(ギター)、才川コージさん(ベース)、坂東龍汰さん(ギター)、櫻井圭佑さん(ドラム)がロック・バンド“EVEN(イーブン)”を結成し、さらに、5名はこの映画をきっかけにEVENとして本格的にバンド活動をスタート、同イベントが行われた5/30(水)にシングル『アイノウタ』でメジャーデビューを果たした。

この日は、トーク&ライブの1部、対バンライブの2部構成で行われ、1部冒頭でメンバーと共にステージに登場した栗原は、「今日、メジャーデビューしました。ありがとうございます!」と笑顔。

その後、今年3月にTOKYO MXで放送された「MUSIC BUSTER-EVENドキュメント-」内の質問コーナー・EVEN座談会がステージ上で行われ、“もし女性だったら誰と付き合う?”という質問に栗原は才川コージさんを挙げ、「“山に行ってサバイバルしよう”とか、誘ってくれるんです。アクティブな人と一緒にいたら楽しそう。」と答えた。

また、同作のヒロイン・マミがカレーショップで働いていることから“好きなカレーの具材は?”という質問があがり、「鶏肉、チキンカツです!」と答えると、“コージ才川塾”と銘打って栗原にトレーニングを教えている才川さんが“油モノはダメ”とツッコむ。すると、「たんぱく質だからいいかなと思って。」と栗原が話し、そのやりとりに笑いが起こっていた。

さらに、“最近デビューしたものは?”という質問には、「ボクシングデビューしました。ボクシングジムに行ったのではなく、“コージ才川塾”の延長で(笑)。グローブをちゃんと付けて腹だけ狙ってやるのですが、120%の力で向ってくるんです。」と明かした。

トークパートの後に行われたライブパートは、爽やかなロックナンバー『フェロウ』からスタート。さらにマミの気持ちを歌った楽曲『会いたい』、アッパーソング『Carry on!』と続く。最後は、同作の主題歌でありデビューシングル『アイノウタ』を披露。桜田さんが、“EVENとして僕らが最初に出会った曲。思い入れもあるので一音一音大切に奏でたい”と話しパフォーマンスを終えると、会場が大きな拍手で包まれた。

1部のトーク&ライブが終了し栗原は、「ところどころミスをしてしまった気がしたのですが(笑)、落ち着いて楽しめました。お客さんも盛り上がってくださっているのが分かったので、とても良いライブだったのではないかと思います。」とコメント。

EVENとしてメジャーデビューを飾り、「昨日CDショップに行ったのですが、EVENのコーナーを設けていただいて、CDが並んでいるのを見て、“EVENとしてデビューしたんだ”と実感しました。栗原吾郎ではなく(劇中の)涼としてデビューしたので不思議な感覚ですが、とても嬉しかったです。」と心境を語った。

さらに、2部ではこの日発売されたシングル『アイノウタ』、ミニアルバム『映画「EVEN~君に贈る歌~」完全盤』に楽曲提供したサイダーガール、GOOD ON THE REEL、Halo at 四畳半との対バンが行われたが、対ライブを前に、「僕たちの演奏する楽曲を提供してくださった皆さんと対バンをするので、少し緊張はするのですが、緊張にのまれないように僕たちの今できる力を出し切って良いライブにしたいと思っています!」と意気込みを語った。

映画「EVEN~君に贈る歌~」は6/2(土)公開。またEVENのデビューシングル「アイノウタ」、ミニアルバム「映画『EVEN~君に贈る歌~』完全盤」が現在発売中!
合わせてお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top