shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

栗原吾郎 映画「EVEN~君に贈る歌~」初日舞台挨拶!

栗原吾郎出演映画「EVEN~君に贈る歌~」が6/2(土)公開初日を迎え、シネマート新宿にて行われた舞台挨拶に栗原が登壇した。

同作は、インディーズバンドに起こる奇跡を描いた音楽映画。
若者を中心に絶大な人気を誇る歌手・RINは、恋人・マミにプロポーズしようとするが、ひょんなことから言い争いになり家を飛び出し、倒れてしまう。RINは偶然通りかかった売れないインディーズバンドEVENのボーカル・武人と共に交通事故に巻き込まれてしまい、病院で目をさましたRINが見たのは重傷を負い意識不明で倒れる自分の姿……事故をきっかけにRINは武人に憑依しまったのだった。最愛のマミに自分がRINであること、そして心の底から愛していると伝える為に彼がとった手段は「歌」だった。武人の身体と、EVENのメンバーの協力の元、RINはマミに贈る歌を作り始める。

劇中に登場する、桜田 通さん(ボーカル)、栗原(ギター)、才川コージさん(ベース)、坂東龍汰さん(ギター)、櫻井圭佑さん(ドラム)によるロック・バンド“EVEN(イーブン)”は、この映画をきっかけにEVENとして本格的にバンド活動をスタート。5/30(水)にシングル『アイノウタ』でCDデビューを果たしている。

上映前の舞台挨拶にて栗原は、「EVENのギター・涼役の栗原吾郎です。お集まりいただきありがとうございます。よろしくお願いします。」と挨拶。

5/30(水)に行われた公開記念イベントでのライブについて、「来たぜーという方は?」と観客に向けてたずねつつ、「特に『Carry on!』という曲ですごく盛り上がって、演奏している僕たちも楽しかったです。」とコメントした。

また、撮影エピソードを、「EVENがライブハウスで演奏しているシーンの撮影で、お客さん役としてエキストラの方に入っていただいたのですが、坂ちゃん(坂東さん)がエキストラの方に対して、手を振ったり投げキスをしたり…ものすごくファンサービスをしていて(笑)。こういう舞台挨拶やライブでやるなら分かりますが(笑)。」と笑いを交えて語った。

その後、桜田さんが、“涼の金髪部分はつけ毛。撮影現場になかなかつけ毛が届かないとき、(栗原は到着を)2時間も待っていたのに文句も言わず、ステキだなと思った”と振り返ると、栗原は、「人間ですから忘れることはあります(笑)。みんなといれば、そんな時間も長く感じないので待っていられるんです。」と笑顔。

デビュー曲『アイノウタ』はどんな曲かと聞かれ、「劇中では、RINがマミに向けて作ったまっすぐな愛を歌ったラブソングで、ロックなバラードという感じ。この曲は、僕たちが初めて出会った本読みの時に、すでにデモという形で出来上がっていました。そこからみんなで撮影に向けて練習して、僕たちにとっても一番思い入れのある曲です。」と話した。

最後に、「僕は以前、バンド(カスタマイZ)をやっていて音楽活動をしていました。活動が終わって、いったん音楽と距離を置いて役者をやっていましたが、この映画に出会って、またあらためてバンド、音楽、仲間っていいなとすごく実感しました。それほど音楽に思い入れがありますし、音楽と映画が合わさって初めて“EVEN”だと思うので、ストーリーだけではなく音楽にも興味を持っていただきたいです。今日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「EVEN~君に贈る歌~」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top