shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「スマホを落としただけなのに」主演決定!

北川景子が11月公開の映画「スマホを落としただけなのに」で主演を務めることが発表された。

同作は、2017年の「このミステリーがすごい!」大賞で受賞には及ばなかったものの、ベストセラーになる可能性を秘めている作品という編集部の強い思いによって選ばれる“隠し玉”作品に選ばれた志駕晃氏による同名小説の映画化。SNS時代を代表する一作として映画化のオファーが殺到し、日本での公開を前に海外でもリメイク企画が進行するなど熱い注目を集めている。
主人公・稲葉麻美の彼氏・富田が落としたスマートフォンを“連続殺人犯で狡猾なハッカー”である男に拾われたことをきっかけに、犯人に気に入られてしまった麻美が、身近なSNSやインターネットで監視され、次第に思いもよらぬ事件に巻き込まれていくサイバーサスペンスで、「リング」シリーズなどで知られる中田秀夫監督がメガホンをとる。

出演にあたり北川は、「この映画のオファーをいただいたとき、まず最初にタイトルが目に飛び込んできました。自分自身ではなく、恋人がスマホを落としたことから、自分自身の過去、個人情報、SNSのアカウント情報、写真などが次々と流出し、人生が変わってしまう不運な主人公を絶対に演じたいと思いました。」とコメント。

作品について、「スマホやSNSのセキュリティ管理は、きちんとしているつもりでも、どこに落とし穴があるか分からない…。でも、本当の人と人の絆や愛は、スマホを通じてではなく、心で通じ合うものだというのが、この作品のテーマだと思っています。」と語った。

そして、「中田監督とは初めてご一緒しますが、脚本に対する私の質問のひとつひとつに丁寧に答えてくださり、中田さんと一緒に映画を作れるならとても安心だと思いました。普通のカップルの普通の日常が、ただスマホを落としただけで一変してしまう…。そんなスリリングな部分と、日常のシーンとのコントラストに配慮しながら丁寧に作っていきたいと思います。良い作品を作れるよう頑張ります。」と意気込んだ。

映画「スマホを落としただけなのに」は11/2(金)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
「あなたが、稲葉麻美さんだってことは、分かりますよ」
彼氏に電話をかけた麻美(北川)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に、言葉を失ってしまった。
たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、彼氏のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に奇妙な出来事が起こるようになる。
身に覚えのないクレジットカードの請求。
SNSで繋がっているだけの親しくない友達からのしつこい連絡。
彼氏のスマホから麻美の個人情報が流出したのか?
そして時を同じくして、人里離れた山の中で、次々と若い女性の遺体が見つかり、連続殺人事件として捜査が始まる。
身元が判明しない遺体は、どれも長い黒髪を切り取られていた……。
スマホを拾ったのは、いったい誰だったのか。連続殺人事件の真犯人は誰なのか。
平穏な日常が、音を立てて崩れていく。
ただ、スマホを落としただけなのに……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top