shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「友罪」大ヒット御礼ティーチインイベント!

夏帆出演映画「友罪」の大ヒット御礼ティーチインイベントが6/7(木)TOHOシネマズ 新宿にて行われ、瀬々敬久監督と共に夏帆が出演した。

同作は、「隣にいる友人が、かつて世間を震撼させた事件の元少年Aだったら―――?」をテーマに、元ジャーナリスト・益田(生田斗真さん)、元少年A・鈴木(瑛太さん)と、彼らを取り巻く周囲の人々が、各々が抱える罪や後悔と向き合う姿を描いた物語。
5/25(金)に公開初日を迎え、“衝撃の問題作”として賛否を呼びながらも、各地で満席が出るなど大きな話題となっている。

上映後に行なわれたイベントにて夏帆は、「こういった形で瀬々さんとお話しするのは初めてなので緊張しています(笑)。私自身もこの映画について改めて考える時間になったらいいなと思っています。よろしくお願いします。」と挨拶。

瀬々組の撮影を振り返り、「以前、あるスタッフの方と何組が印象に残っているかという話をしていた時に、その方が瀬々組だと。そして、機会があれば瀬々さんとご一緒できたらいいねと言われたのが印象に残っていたので、今回すごく楽しみにしていました。瀬々さんは作品に対して誰よりも真っ直ぐに向き合っていらっしゃって、その熱量がものすごいですし、だからこそ私たち役者も周りのスタッフも瀬々さんに影響されて、瀬々さんのために集まって映画を作っているような現場でした。すごく素敵だなと思いました。」と話した。

また瀬々監督の演出について、「“限界を超えてくれ”とよく言われました(笑)。というのも、美代子は日常の延長線上では演じられない役。説得力を持たせるためには、限界を超えてお芝居をしなければ成立しないというのは私自身も分かっていました。ただ、自分の限界に到達するのがとても難しくて、実際に表現できたかは分からないですが、とても貴重な経験でした。」と話すと瀬々監督が、“偉そうには言ってないですよ(笑)。瑛太さんが横にいたのは大きかったと思う。あの独特な空気感で生まれる化学反応があった”と振り返った。

夏帆が演じた藤沢美代子は元AV女優として暗い過去を持ちながら、あることで鈴木に助けられ、次第に好意を寄せていく役どころだが、「どの作品もそうですが正解が分からないですし、頭では理解できても生理的には理解できない。違和感を持ちながらずっと悩んでいました。クランクアップの時も、結局何もつかめずに終わってしまったような気がして…。ただ完成した作品を観た時に、それはそれで良かったのかなと。これが正しいと思って演じるよりも、悩んでいる姿がこの役には合っていた気がします。」とコメント。さらに、「(演じていて)女性として生きる自信がなくなってしまったことも。自分が見たくない弱い部分と向き合わなくてはいけなかったので、しんどい作業ではありました。撮影は10日間位でしたが、ずっと出口が見えない感じで常にもやもやしていました。」と話した。

さらに、最後に見せる美代子の印象的な表情について、「美代子の選択が正しいのか正しくないのか、自分だったらどうするのかを常に考えながら現場にいました。美代子は負のループのように同じところをグルグル回っている女性。鈴木さんに出会ったことによってほんのちょっと抜け出す、希望みたいなものが見えたらいいなと思っていました。」とシーンに込めた思いを語った。

この日は来場者からの感想・質問も受け付けられ、瀬々監督へ瑛太さんにオファーした理由は?という質問があがり、その後瀬々監督から夏帆へ瑛太さんとの共演はどうだったかと聞かれ、「一緒にお芝居をしていて怖かったです。それはお芝居が怖いのではなく、瑛太さんのお芝居を私が受け止めきれるのか、空気感を成立させるまでに私自身が持っていけるのかという怖さ。今でも忘れられない表情がたくさんあって、すごい役者さんだと改めて思います。」と答えた。

最後に、「今日は皆さんの感想を直接聞くことができて、ともて貴重な時間でした。賛否もあると思いますが、もし何か少しでも心に引っかかるものがあれば、ぜひお友達やご家族と映画について話していただいて、考えるきっかけになればと思います。本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「友罪」は現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

【物語】
ジャーナリストの夢に破れた益田。他人との交流を避ける無口な鈴木。二人は町工場で出会い、同じ寮で暮らし始める。「俺が死んだら悲しい?」「悲しいに決まってるだろ」益田にとって他愛のないやり取りだったはずのそれは、鈴木の悲壮な思いを秘めた質問だった。やがて少しずつ友情が芽生えてゆく二人。だがある事件をきっかけに益田は、鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人だった “少年A”ではないかと疑い始める――。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top