shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「羊と鋼の森」初日舞台挨拶!

山﨑賢人主演映画「羊と鋼の森」が6/8(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に山﨑が登壇した。

同作は、「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した、宮下奈都さんの小説「羊と鋼の森」を実写映画化。ピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語を描く本作。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していく。

山﨑が演じるのは、主人公・外村直樹役。北海道の集落出身で、高校生の時に、調律師の板鳥に出会い調律師の道を目指すことに。自分には才能はないと思いながらも、直向きに努力を重ねていく。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した山﨑は、「無事に初日を迎えられて本当にうれしく思います。去年の冬に撮影をしていまして、本当に悩みながら、でも楽しく、北海道で撮影をさせてもらっていました。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

作品にちなみ、自分の調律したいところは?という質問に、「ピアノ」と答えた山﨑。会場に?の雰囲気が漂う中、「逆にというか。調律師の役をやったので、プライベートでも本当に出来るところまでピアノの調律をやってみたいです。」と回答。さらに、悩んだときに背中を押してくれた人や言葉は?という質問には、「友達なんですけど、僕が仕事で失敗というか、悩んでいることがあって“もう最悪だ…”みたいなことを言っていたら、『仕事だけに集中しちゃっているのはよくない。(その悩みは)人生のひとつの出来事でしかない』と言われて励まされて、気がすごく楽になりました。そのくらい軽く考えてみるのもありかなって思った、という良い話です。」と笑顔を見せた。

また舞台挨拶では、原作者の宮下奈都さんからのお手紙が届き『美しい容姿ゆえに役作りのうえで不自由なことがあったのではないかと思っていましたが、映画を観てびっくりしました。才能に迷う不器用な新人調律師が一歩一歩手探りで進んでいく姿がちゃんとそこにあって、きっと山﨑賢人という俳優もこうして一歩ずつ、焦りながら、不安を抱えながら歩き続けてきたのだろうと感じ、胸が熱くなりました。あなたに外村を演じていただけて本当に良かったです。どうもありがとうございました。』という言葉に山﨑は、「いやもう…すごくうれしいです。自分もすごく悩みながら、一番お芝居をすることがよくわからない時期だったりして、それを外村にぶつけようと思ってがんばっていたので、本当にうれしく思います。」と感無量の様子だった。

最後に、「この映画はどんな職業の方でも共感できることがたくさんあると思いますし、ぜひ一人でも多くの方の背中を押せるような作品になればいいなと思っております。音楽と北海道で撮った映像を大スクリーンで観てほしいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「羊と鋼の森」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。生み出された音は、「森」の匂いがした―
将来の夢を持っていなかった主人公・外村直樹(山﨑)は、 高校でピアノ調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)に出会う。彼が調律したその音に、 生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、 調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のような その世界に、足を踏み入れる。ときに迷いながらも、先輩調律師・柳伸二(鈴木亮平)や ピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、 外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。そして、ピアニストの姉妹・佐倉和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top