shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「パンク侍、斬られて候」初日舞台挨拶!

北川景子出演映画「パンク侍、斬られて候」が6/30(土)公開初日を迎え、丸の内TOEIで行われた舞台挨拶に北川が登壇した。

原作は芥川賞作家・町田康が2004年に発表した傑作小説「パンク侍、斬られて候」の映画化。江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開、そしてド肝を抜く大団円…。発表から十数年経った今でも色あせないどころか、混沌深まる現代の写し鏡の様な世界観で、多くの熱狂的なファンを持つ作品だ。
この破天荒な原作を映画版に脚色するのは、希代のストーリーテラー・宮藤官九郎。そして、『狂い咲きサンダーロード』(1980)や『爆裂都市BURST CITY』(1982)でなどの不世出の鬼才、石井岳龍監督がメガホンをとる。

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。
掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが……。次々とあらわれるクセもの12人。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。
そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。
今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる!

北川は、ある組織の極悪非道な元幹部・茶山半郎の身のまわりの世話をするミステリアスな美女・ろんを演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて、「謎の女性役として紅一点、豪華な皆さんの中で出演させていただけたこと、初日を迎え、皆さんと一緒にこの空間を共有できることをとても嬉しく思います。」と喜びを語った北川。

劇中では腹踊りに挑戦をしたが、「みんなで腹を振って楽しくやろうよという誘いのダンスじゃないですか。いかにみんなを腹踊りに誘えるかが、今回の私の役割。ある意味教祖様のような感じでもいなくてはいけないですし、そういう腹踊りってどんな腹踊りなんだということをダンスの先生といろいろと話し、あのような振りになりました。とても不思議な経験をさせていただきました。」と振り返った。

また、役との共通点を聞かれ、「自分の信じた道にしか生きていないところと、芯の強いところは似ているというよりも、読んでいてスッキリしましたし共感しました。ラストのシーンを撮影するのがとても楽しみで、ようやく“やってやった!”っていう感じ。そのために頑張っていましたので。」と満面の笑みで話した。

映画「パンク侍、斬られて候」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top