shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「青夏 きみに恋した30日」完成記念イベント!

葵わかな W主演映画「青夏 きみに恋した30日」の完成記念イベントが7/2(火)としまえんにある波のプールで行われ、監督・キャストと共に葵が出演した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

大歓声に包まれ登場した葵は、「皆さん、暑い中来てくださってありがとうございます。今日は初めて(完成した作品を)観ていただく日なのでドキドキするのですが、“青夏日和”というくらいすごく晴れて良かったと思います。楽しんでください。」と笑顔で挨拶。

その後、劇中で吟蔵と祐真が理緒を巡り水泳対決をすることにちなみ、男性陣4人(佐野勇斗・岐洲匠・水石亜飛夢・志村玲於)による“青夏男子”選手権が行われた。ビーチボールを一斉に蹴り、誰が一番遠くまで飛ばせるかを競うもので、
4人とも自信満々の様子。審議の上、佐野が最下位となり、罰ゲームとして相手を胸キュンセリフを言うも反応が薄かったため葵が、「ちょっと逃げたよね。」とツッコミ、来場者の笑いを誘っていた。

さらに、キャストと来場者で「この夏は」「青夏!」というコール&レスポンスを行うことに―。練習ではキャスト全員がプールに向って水鉄砲を発射したが、本番では佐野に向って水鉄砲を浴びせるサプライズが行われ、ずぶ濡れになった佐野は困惑気味。葵は、「夏を一足早くプレゼントしようと思って(笑)。涼しくなった?」と茶目っ気たっぷりにコメントし、サプライズは大成功。最後に来場者に向け、「皆さん観てくれますか?よろしくお願いします。ありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「青夏 きみに恋した30日」は8/1(水)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top