shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「青夏 きみに恋した30日」完成記念イベント!

佐野勇斗W主演映画「青夏 きみに恋した30日」完成記念イベントが7/2(月)としまえん波のプールにて行われ、キャストと共に佐野が出席した。

同作は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵との夏休みだけの<期間限定の恋>を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

この日は、夏休みがテーマの今作にちなみ、プールにキャスト8名が登壇。佐野は「皆さん、盛り上がってますかー?吟蔵役を演じました、佐野勇斗です。今日は楽しんでいってください!よろしくお願いします!」と呼び掛け、会場を盛り上げた。

さらに、劇中で理緒を巡って吟蔵と祐真が水泳対決を繰り広げることから、男性陣4人(佐野勇斗・岐洲匠・水石亜飛夢・志村玲於)で、誰が一番ビーチボールを蹴って遠くへ飛ばせるかという“青夏男子”選手権を行い、最下位の人が最高にかっこいい言葉を披露することに。唯一のサッカー経験者であることから自信満々で臨んだものの、対決の結果、最下位になった佐野は“どうしても好きな人と離れたくないときに言う胸キュンワード”というお題に「おまえさぁ、俺のこと好きなんじゃないの?返したくないんだけど…」とコメントするも、会場は微妙な反応。もう一度「返したくねぇ…」と吟蔵になりきり披露したものの、映画をまだ見ていない観客は内容を知らないため、まばらな拍手に「待って!正解が分からない!」と悲鳴をあげていた。

イベント終盤には、キャスト陣が佐野に水鉄砲を浴びせるというサプライズが行われる一幕も。びしょ濡れになった佐野は「え!聞いてないんだけど!」と困惑の反応を見せながら、最後は「すごく気持ちよかったです!」と笑顔を見せた。

最後に「『青夏』を観れば、素敵な夏を過ごせること間違いなしです!一人5回ぐらいは観てもらって、ツイッターとかで宣伝してもらえるととても好きです!皆さん、観てくれますかー?今日はありがとうございました!」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「青夏 きみに恋した30日」は8/1(水)全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top