shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

清原翔 映画「うちの執事が言うことには」出演決定!

清原翔が、2019年全国公開の映画「うちの執事が言うことには」に出演することが発表された。

同作は、2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された同名小説。2015 年11月からはコミックス(あすかコミックス DX1~8巻)にもなり、さらには2017年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」(1~4巻)も刊行される等、勢いが止まらぬヒットシリーズ作品となっている。

清原は、本作には欠かせない物語の要となる、烏丸家の執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)を演じる。仏頂面であまり感情を表に出さず、前執事の鳳に心酔している。

同作出演に清原は、「出演のお話を頂いたとき「執事」というものが、日常ではほぼ触れないものだったので、作法や言葉使いが自分とは正反対すぎて、漠然と大変なんだろうなと想像していました。実際に撮影に入り、カメラが回っていてセリフもある中で執事の作法で動いてみると、その大変さは想像以上でした。永瀬くんとは初対面、初共演だったんですが、すごく愛されキャラで現場でも明るくみんなに愛されていました。僕は最初なかなか馴染めずにいたんですが、永瀬くんがどんどん話しかけてきてくれてたおかげで仲良くさせて頂きました。最初に脚本を読ませて頂いたときに思った「面白い」という感情が、観てくださる方にもちゃんと伝わる作品になればと思っています。」とコメントを寄せた。

映画「うちの執事が言うことには」は、2019年全国公開!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬廉さん)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太さん)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事…烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top