shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」試写会&会見!

常盤貴子が主演を務める、NHK広島放送局開局90年ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」の試写会&会見が、7/27(金)NHKにて行われ、常盤が出席した。

原作は、漫画家・こうの史代氏が2004年に発表した『夕凪の街 桜の国』で、原爆投下後の広島を、原爆の被害に苦しみながらもたくましく生きる家族の姿を通じて描いた作品。日常生活をユーモアあふれる素朴なタッチで描きながらも、原爆に翻弄された女性と家族のひたむきに生きる姿が胸を打つ物語で、ドラマ版では舞台を2018年に置き換え、オリジナルストーリーを交えながら展開される。

出版社で編集者として働く石川七波(常盤)。悩みの種は編集部のリストラと、認知症の疑いのある79歳の父親・旭(橋爪功)。ある日、行き先も言わず家を出て行った旭を追いかけていると、いつもかわいがっている姪の風子(平祐奈)も合流。どうやら家出をしてきたらしい・・・
旭の行き先は広島。風子と一緒に尾行する七波。旭がある人の足跡を尋ねていることに気づく。そのある人とは、原爆によって亡くなった旭の姉。
七波の伯母にあたる人物だった。
その、伯母の名は平野皆実(川栄李奈)。13歳のとき広島で被爆したが、昭和30年、23歳になるまで広島で暮らしていた。心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ち、小さな一歩を踏み出しかけたとき、忘れかけていた“原爆”が再び皆実を襲う。
皆実の弟・旭と七波と風子の広島への旅は、それから63年後の平成30年夏。この不思議な旅の中で、これまで明かされていなかった様々なドラマが明らかになっていく・・・

会見にて常盤は、同作への出演について、「私自身、広島市内を訪れるのが初めてでした。撮影の合間にお話を聞いたり、いろいろなところ巡りながら、七波と同じように少しずつ広島のことを勉強していきました。まだ広島を一度も訪れたことのない方や、広島について知りたいと思っている方が知るきっかけになればいいなと思います。」とコメント。

広島での撮影について印象的だったことを聞かれると、「広島に初めて行くということで、早めに広島に着いて平和記念資料館や原爆ドーム、街を巡りました。初めて原爆ドームを自分の目で見たときの“ドキッ”とした感じが今でも忘れられなくて、それがどういう“ドキッ”なのか、未だに自分でも分からないぐらいの“ドキッ”でした。そんな経験をしたことが今までなかったので、それがどういうことなのか、自分に対する宿題としてこれから先もずっと考え続けていこうと思いました。あと、街を歩いていて、すごく穏やかな空気が流れていることに驚きました。それは劇中にも出てきますが、河が穏やかに流れていることが関係しているのかなとずっと思っていたのですが、撮影をしながら原爆ドームの前に立ったときに、世界の中でもこんなにも多くの人が平和の祈りを捧げる場所もないのではないか、その想いがこの街を穏やかにしているのかもしれないと思って印象的でした。」と振り返った。

また、ドラマだからこそ伝えられる戦争の記憶について問われ、「広島放送局がまさに被爆をしている放送局で、そのこと自体私は知りませんでした。局の前に“被爆した放送局です”という樹が立っていて、それを見て衝撃を受けました。その広島放送局が、8月6日に真摯に向き合っているというか、この日を忘れてはいけない日だということで、しっかりと向き合っているということが、とても印象的でした。そして、だからこそ描けるドラマだと思いました。試写を見たときに、最近この描写しないなと思うようなびっくりする描写もあり、そういうところを濁せば濁していくほど忘れられやすくもなってしまうと思います。広島放送局が作るからこそ、そこを濁さないやり方が、私はすごく立派だなと思いましたし、そのドラマに参加することが出来て良かったです。」と語った。

NHK広島放送局開局90年ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」は、NHK総合にて8/6(月)19:30~20:43放送。
ぜひご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top