shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「青夏 きみに恋した30日」前日祭舞台挨拶!

葵わかなW主演映画「青夏 きみに恋した30日」の前日祭舞台挨拶が7/31(火)新宿ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に葵が登壇した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、南波あつこによる人気コミックの映画化で、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との<期間限定の恋>を描いたピュアラブストーリー。

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・船見理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・泉吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の大鳥万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる菅野祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

上映後の舞台挨拶に艶やかな浴衣姿で登壇した葵は、「今日は来てくださって本当にありがとうございます。映画で夏を感じていただけたかなと思うので、ここからは(登壇者)みんなで夏を皆さんにプレゼントできたらと思います。明日公開ということで、今にも心臓が出そうなくらいドキドキしているのですが、その気持ちを皆さんと少しでも共有できたらと思います。どうぞよろしくお願いします。」と挨拶。

同作のタイトル「青夏」に“青春よりも、もっと青くて熱い”という意味が込められていることから、今年“青夏”したと感じた青夏体験を聞かれ、「これからの話になってしまいますが、おじいちゃんと山登りに行きます。おじいちゃんと青夏します。」と答えると“素敵”“すごく良いと思う”という声が上がった。

この日は、登壇者の“青夏”愛を測るため、キャストを役柄に順じて都会チーム(葵わかな・岐洲匠・久間田琳加・志村玲於)、上湖チーム(佐野勇斗・古畑星夏・水石亜飛夢・秋田汐梨)に分け、劇中に登場するアイテムを当てる「箱の中身はなんだろな」ゲームに挑戦!負けたチームは舞台挨拶終盤に撮影する公式SNS用写真に変顔で写るという罰ゲームが待っており、葵は2回戦目に登場。1回戦目は両チーム正解し、葵は勝負のカギを握ることとなったが、2回戦目は「セミのおもちゃ」が箱に入っており、周りの反応もあってか対戦した佐野と共に手を入れる度に絶叫。結果、様々なヒントを頼りに葵が見事正解し、「ここ一年で一番動いた気がします。佐野君の声のほうが怖かった。」と苦笑いしたが、都会チームが勝利し、安堵の様子だった。

最後に、W主演として撮影中やプロモーション期間を共に駆け抜けた戦友ともいえる佐野へ、「私と佐野君は共演が2回目で安心感がありました。私はいろいろな人から“しっかりしてる”とか、“落ち着いてる”と言われるのですが、ひとりではできないことや不安なことも多くあります。その私のできない部分を佐野君はもっている。どう頑張っても気合いを入れても手の届かない部分だったので、佐野君にすごく助けられました。ふたりで頑張ってこれて良かったです。お疲れ様でした。ありがとうございました。」と思いを語った。

さらに、この日の全登壇者から葵へ次々と感謝の思いが語られ、葵は戸惑いを隠せない様子。その後、登壇者全員のメッセージと中央に佐野が『わかな大好き』と書いた色紙を佐野からプレゼントされ、「私に?佐野君にはないんですか?これ絶対泣かせようとしているやつですよね(笑)。ありがとうございます。」と照れ笑いを浮かべながら感謝した。

映画「青夏 きみに恋した30日」は、8/1(水)全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top