shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

杉崎シュンペーター(グレアムボックス) 舞台「ハイスクール!奇面組2~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~」開幕!

杉崎シュンペーター(グレアムボックス)出演舞台「ハイスクール!奇面組2~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~」が、8/2(木)草月ホールにて開幕した。

同作は、新沢基栄氏の漫画「ハイスクール!奇面組」の舞台化で、架空の学園である「一応高校」を舞台にして、一堂零・冷越豪・出瀬潔・大間仁・物星大から成る五人組「奇面組」と、河川唯・宇留千絵などの個性的なキャラクターたちが活躍するドタバタギャグ・コメディ作品。杉崎は、奇面組が住む一応町を縄張りにしているドロボウ支部のドロボウ四天王の1人、潜利虚無蔵(もぐりこむぞう)役を演じる。潜利虚無蔵(もぐりこむぞう)の得意なワザを使って家に潜り込み、奇面組と対決するという役どころだ。

杉崎は、今作の見どころについて「それぞれの思惑が絡み合い、繋がる点と点。運命は一本の線となり、いつしか拗れていく。なんて難しい作品ではありません!本当に笑いの絶えない稽古場だったので、そのまんまお客様にも伝われば良いなと思ってます!」とコメント。

ご来場いただく皆様へ向けて、「笑って暑気払い!うだるような暑さが続いてますが、草月ホールで大笑いして、そのままの気持ちでお盆休みに突入してほしいです!」とメッセージを送った。

舞台「ハイスクール!奇面組2~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~」は、8/10(金)まで草月ホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【あらすじ】
夏休み、宿題そっちのけで浮かれる奇面組。そんなある日、一堂零の実家「おもちゃの一堂」のお隣に、ある男が引っ越してくる。その男こそ、零の幼馴染にして宿命のライバル・春曲鈍ちゃんだった。再会早々、何かと意地を張りあう零と鈍ちゃん。

その頃、彼らの住む一応町ではドロボウの被害が相次いでいた。その影に暗躍していたのは一応町ドロボウ連盟なる組織。しかも次なるターゲットに選ばれたのは、なんと春曲家だった。そこで奇面組と鈍ちゃんは、ドロボウたちを捕まえてお手柄を立てようと待ち構えるのだが…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top