shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

北川景子 ドラマ「指定弁護士」主演決定!

北川景子が9月放送のドラマスペシャル「指定弁護士」(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。

指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士。
検察が不起訴とした事案を国民感情に押される形で強制起訴する役割を負うため、常に困難が伴う職務だ。

同作は、“贈収賄事件”という現代社会のタイムリーな案件を通して、『指定弁護士』となった京都の弁護士とバディの検察官が事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマ。北川は、市民からの声に押されて真実を追い求める中で数々の困難と厳しい現実に葛藤しもがきながらも、弁護士として、人間として成長していく弁護士・一ツ木唯を演じる。

出演にあたり北川は、「「指定弁護士」という言葉はニュースなどで知っていましたが、詳しくは全然分かっていなくて。初めて台本を読ませていただいた時は「難しいな」と思いました。弁護士だけど、“被告人を必ず有罪にする”という目的を持って法廷に立たないといけない。(三塚役の中村)梅雀さんに「露悪趣味だ」と言われるシーンがありますが、確かに何でもかんでも明らかにすることが万人にとっての幸せではないのでは……という気持ちは私自身の中にも正直ありました。なので最初は“指定弁護士は何にやりがいを持っているんだろう?”と悩んでいたんですけど、監督とお話した際に「唯は『真実を明らかにする』ってことに使命感を燃やしている人なんじゃないかな」と言っていただいて、そこからはその気持ちを大切にして演じています。」とコメント。

初めての弁護士役となるが、「撮影に入る前に、実際の裁判の映像や裁判をテーマにした作品などを見て準備をしました。ただ指定弁護士に関する資料はすごく少なかったので、それについては監修の先生とお話をさせていただきました。」と話した。

最後に、「事件自体はとても難しいですが、基本的には唯という30代の女性が慎二と出会って翻弄されながらも、やがて一人の人間として弁護士としてしっかりと成長していく物語です。特に普段何かに頑張っている方に見てもらってスッキリしていただけたらうれしいです。そしていつかシリーズになったらうれしいです。そのためにも、まずは今回の作品に全力を注いでいこうと思います。また見たいと思っていただけるように頑張ります。」と意気込みを語った。

ドラマスペシャル「指定弁護士」は、テレビ朝日系にて9月放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top