shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

柴咲コウ ドラマ「dele」ゲスト出演決定!

柴咲コウが毎週金曜23: 15~放送中のドラマ「dele」(テレビ朝日系)にゲスト出演することが発表された。

同作は、日本ドラマ史上初の題材にして今もっともタイムリーな“デジタル遺品”を題材に、多彩な人間模様を1話完結型形式で創出していく作品。
『ストレイヤーズ・クロニクル』や『真夜中の五分前』、『at Home』など、著作が次々と映画化されている気鋭のベストセラー作家・本多孝好が完全オリジナルドラマの原案を手掛け、金城一紀、瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦といった錚々たる顔ぶれが脚本を担当している。

同作の主人公・坂上圭司(山田孝之)と真柴祐太郎(菅田将暉)が生業とするのは、クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。
しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていく…。

柴咲は圭司の元恋人・沢渡明奈を演じる。圭司より年上で、現在は高校の音楽教師。凛としていて、普通の人には扱いにくいタイプの圭司とも堂々と渡り合う女性だ。二人は別れてからも年に1回コンスタントに会っているという不思議な間柄で、明奈の登場により祐太郎や姉・坂上舞(麻生久美子)には見せない圭司の新たな顔や、謎のベールに包まれた過去も掘り起こされていく。

出演にあたり柴咲は、「「デジタル遺品」「山田孝之×菅田将暉」そして「プロデューサー山田兼司」、この三点が出演のキーポイントになりました。モノづくりの姿勢が潔く、団結していて、スタッフ皆の作品への愛情が伝わる素敵な現場でした。明奈が、圭司という人物の新たな側面を引き出すエッセンスになれば良いなと思います。」とコメントを寄せた。

なお、柴咲の登場回は後日発表される。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top