shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」初日舞台挨拶!

柳楽優弥出演映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が8/17(金)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶に柳楽が登壇した。

同作は、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)の映画化で、パラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を営むちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に巻き起こる事件を描いた痛快アクションエンターテイメント。

今回映画化されるのは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの"将ちゃん"が登場、最も笑える「将軍接待篇」を融合したエピソード。
先日行われた完成披露試写会でいち早く鑑賞したファンからは、“めちゃくちゃ笑ったし泣けたしもうすでに二回目が見たい”“笑って笑って喉カラカラ”“前作よりもはるかに面白い。何回でも観に行きたい”など絶賛の嵐が巻き起こっている。

柳楽は、江戸の治安を守る特殊警察真選組の鬼の副長・土方十四郎、さらに、同作で重要な鍵を握る土方の別人格・トッシーを演じている。

上映後に行なわれた舞台挨拶で、柳楽が撮影期間中に“ムービースターになる”と宣言していたことが話題にあがり、MCから自身の思うムービースター像に近づいたか?と質問されると何かを悟った様子で、「本当にムービースターを目指していたのですが、主演の小栗(旬)さんの人柄とか器の大きさを改めて感じて…軽々しく言ってはいけないなと思いました。でも本当に目指しています。」と内に秘めた思いを告白。小栗さんから“土方は今回主役だから”、観客からは“カッコ良かった”と声があがり、「土方とトッシーのギャップを意識しました。」と満面の笑みで話した。

その後、柳楽が胸ポケットに挿していたポケットチーフを見て突如思い浮かんだかのように頭に巻き、“トッシー”スタイルに―。「フォーマル・トッシーです。」と笑わせ、そんな柳楽を見て福田雄一監督が“トッシーだ。ついに必殺技を繰り出した”と話し、会場が笑いに包まれた。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、現在大ヒット公開中!
さらにオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」が8/18(土)よりdTVにて配信スタート。
ぜひお楽しみください!

【ストーリー】
時は幕末――地球人と宇宙人・天人(あまんと)が共に暮らす江戸・かぶき町。仕事がなく金欠の<万事屋(よろずや)>メンバー=銀時、新八、神楽は、キャバクラに床屋とバイトを始めるが行く先々で将軍・徳川茂茂に出くわしてしまい、打ち首覚悟で接待する羽目に――。
その頃、真選組始まって以来の大事件が勃発!局長・近藤勲の暗殺計画が企てられ、副長・土方は第2の人格=ヘタレオタク“トッシー”に体を乗っ取られ真選組を追われてしまう。
犬猿の仲の銀時に頭を下げて助けを求める土方だが、裏では、銀時の因縁の相手・高杉率いる鬼兵隊が将軍・徳川茂茂の命を狙い、幕末の転覆を企んでいた。果たして銀時は、江戸の町を守れるのか――!?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top