shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森崎ウィン「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 in 横浜」トークイベント!

森崎ウィンが、8/19(日) 横浜美術館で行われた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 in 横浜」のトークイベントに出席した。

今年20周年を迎えた、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)は、8月17日(金)から19日(日)の期間、横浜美術館でSSFF & ASIA 2018 in YOKOHAMAを 開催。8月19日(金)は、日本最大級のダンスフェスティバル Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018との3回目となるコラボレーションイベントを実施。ダンスをテーマに厳選した世界各国のショートフィルム(全4作品)を上映するとともに、SSFF & ASIA代表の別所哲也さんと森崎ウィンによるトークイベントが行われた。

今回上映されたショートフィルム作品で、特に気になった作品を問われると、『チビっこポールのダンスパーティー(Shrimp)』(フランス/2014)をあげ、「“Shrimp”は、直訳すると“エビ”ですが、和訳では“チビ”になっていて、僕も弟のことチビって呼んでいたので。今は僕より身長高いんですけど…(笑)弟に「チビ」って言って怒られたこととか、初めてデートに行く瞬間のこととか、思い出されることが多くて、微笑ましくて、自分と置き換えられる作品でした。」と、一番共感できる作品として感想を語った。

今年6月に森崎は、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」にて、VR部門「VR SHORTS」の受賞プレゼンターとして登場。森崎は、VRをモチーフにした作品『レディ・プレイヤー1』に出演したことからプレゼンターに抜擢。「僕が携わった一つの作品から、次に繋がっていくのが初めての経験で、映画に出たから終わりではなく、人と人との繋がりが広がっていくのを実感できました。」と、喜びを語った。

25歳でハリウッドへと渡った別所哲也さん同様、森崎も25歳でハリウッド作品の撮影に挑戦。25歳で見たハリウッドの世界は、「夢のような場所で地に足がつかないような状態でした。普段だったら自分と向き合いながらできていたことが、新しいことに追われて、自分を見直す余裕がなくて、悔しかった部分もたくさんありました。」と思いを明かし、主演俳優の姿を見て、「もし俺がその立ち位置だったらできないことも多くて…悔しくなってきて、絶対また戻ってやろう、って考えました」と、決意を語った。
また、単身で長期撮影に挑んだことから、「オフの日は、車を一台借りていたので、5時間かけて海に行ったりしていました。一人だったので寂しかったです…(笑)」と、撮影当時のエピソードを振り返った。

ハリウッド作品への出演が決定し、PrizmaXメンバーの反応について問われると「男子校みたいなものなので、“悔しい”って思いも伝わってきましたし、心の底から「おめでとう」って言ってくれていたのも感じたので、切磋琢磨できる環境でした。」とコメント。

8月20日に28歳になる森崎は、3年計画を立てていると言い、ハリウッドの先輩でもある別所さんから「とにかく立ち止まるな。自分が求められているものだと思って、どんどん飛び込め。」とアドバイスをもらうと、熱心に頷いた。イベント中、25歳でハリウッドに渡った、という共通点に加え、手相も一緒、ということが発覚。百握りとも呼ばれる「ますかけ線」という、珍しい手相の持ち主で、「どこかでDNAが繋がってるのかな?!」「自分以外で初めてお会いしました!」と、会場中をどよめかせた。

会場からの質問に答えるコーナーでは、「表現者として一番達成感を感じたことは?」の問いに「裏声を出せたとき」と答え、PrizmaXではヴォーカルを担当していることから、「ファルセットが出せたときの達成感は、今でも覚えています。」と感慨深く話した。
「二人が共演するならどんな役柄で共演したい?」と言う問いには、「普段はできないことができるのが醍醐味。別所さんの上司の役だとか、よーいスタート!で切り替えてやってみたい。」と、共演に向けて熱く語った。

最後に、「28歳になる前の出会いに感謝して、28歳としてもう少し落ち着きのある、魅力的なダンディな男になれるようにこれからも日々精進して参ります。これからも応援よろしくお願い致します。」と28歳の抱負を語り、イベントを締めくくった。

PrizmaXとして、俳優として、森崎ウィンの活動に、是非ご期待ください!


■森崎ウィン 公式Instagram
https://www.instagram.com/win_morisaki_official

■森崎ウィン 出演情報
映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
2018年11月16日公開
※キミツ役

ドラマ「ハゲタカ」
2018年8月30日、9月6日
※天宮光一役

★PrizmaXオフィシャルサイト ⇒http://www.prizmax.tokyo/
★PrizmaXオフィシャルTwitter ⇒ @prizmax_staff
★PrizmaXオフィシャルLINE ⇒ @prizmax
★PrizmaXオフィシャルFacebook ⇒https://www.facebook.com/PrizmaX.official.win.daiki.yuuki.tsubasa/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top