shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

渡部篤郎 「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」出演決定!

渡部篤郎が、11/11(日)スタートの「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」(WOWOWプライム)に出演することが発表された。

同作は、革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く社会派ドラマシリーズの最新作。2008年、連続ドラマW第1作目としてスタートした「パンドラ」では“がんの特効薬”をテーマに、その後「パンドラⅡ 飢餓列島」(2010)では“遺伝子組み換え食品”、「パンドラⅢ 革命前夜」(2011)では“自殺防止治療法”、ドラマWスペシャル「パンドラ~永遠の命~」では“クローン人間”と挑戦的なテーマを描いてきた。
今回のテーマは“AI”。人工知能はいまや、将棋や囲碁でプロ棋士を負かし、ビジネスの世界でもAIロボットが導入されるなど、多くの分野で注目を集めている。しかしこれらの技術の進歩は、AIが人間の仕事を奪うなど数々の問題を秘めている。人類にもたらされるのは輝かしい未来ばかりではなく、それは遠い先の話ではない。AIはすでに開かれている“パンドラの箱”だ。

渡部は、AI診断を導入したIT企業、ノックスグループ代表の蒲生俊平役を演じる。

「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」は、WOWOWプライムにて11/11(日)より毎週日曜22:00~放送!
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井理)が開発したAIによる患者の診断が行われていた。人間の医師が行うよりも短時間で正確に、しかも無料で行うAI診断は世間で評判を呼ぶ。AI診断を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部)は、海外に後れを取らないためにも医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、さらに優秀な外科医の上野智津夫(原田泰造)もAIに診断された患者の手術に当たることを不快に思っていた。
そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう。上野はAIが余計な診断をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判断が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を進めていた。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top