shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「覚悟はいいかそこの女子。」完成披露試写会!

中川大志主演映画「覚悟はいいかそこの女子。」の完成披露試写会が9/12(水)新宿バルト9にて行われ、監督、キャストと共に中川が登壇した。

同作は、「マーガレット」にて2014年から掲載された椎葉ナナさんによる同名コミックの映画化。多くの読者から「ヘタレ男子を応援したくなる!」という声が多数寄せられ、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われている。

中川は、“超絶イケメン”だけど、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白するもあえなく撃沈、その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極ヘタレ男子”の主人公・古谷斗和を演じる。

割れんばかりの大歓声に包まれながら、上映前の舞台挨拶に登壇した中川は、「すごい熱気で迎えていただいて僕達も嬉しいです。本日は初めてお客様に映画をご覧になっていただけるという事で緊張していますが、皆さん楽しんで下さい。よろしくお願いします。」と挨拶。

作品が完成した心境を、「ドラマもたくさんの方が観ていただいたという事ですごく嬉しいです。映画はドラマとはまた違うパワーアップしたストーリーになっていますので、どんな風に感じていただけるか緊張しています。」と話した。

同作のメガホンをとった井口昇監督が中川の印象について、“3年くらい前にドラマ『監獄学園』でご一緒させていただいた。引き出しが多く普段はかっこいいが際限なく変な顔もしてくれる振り幅がすごい。今回も座長として現場をまとめてくれた”と語り、中川は「(自分の話は)大丈夫です、恥ずかしくなっちゃうんで…(笑)。ありがとうございます。」と照れた様子でコメントした。

この日は、男性キャストらが芸能界NO.1の“ヘタレ男子”を決定すべく“ヘタレ男子脱却!男気三番勝負”を実施。ストップウォッチによる時間当てゲームや、ビリビリペンを使ってリアクションを競う勝負、そして抽選で選ばれた相手とシチュエーションを基に即興で演技を披露する告白対決が行われた。

告白対決で『後輩に放課後』というシチュエーションに決まった中川は、「(後輩は)同じ委員会で一緒に居残りをしている設定。」と説明しつつ演技に挑戦。勢いよくエア壁ドンをしながら、「俺の彼女になってくれない?」という一言で告白をきめるも結果発表で“ヘタレ男子”に選ばれてしまい、審査員の井口監督から“逃げに入ったかな?(笑)”とコメントを受け、「この役に選ばれた時から、僕のヘタレな部分を見抜いてくださっていたという事ですね(笑)。」と話し会場の笑いを誘った。

最後に、「本日はありがとうございました。僕達も久々にこうやって揃いまして、だいぶ時間も空いていたはずなのですが、一瞬で撮影をしていた時の雰囲気に戻れるような、それくらい仲の良いメンバーで作った映画です。バカな男子たちが一生懸命、がむしゃらに恋を追いかけ続ける姿を見て、頑張ってみようかなとか恋したいなという気持ちになっていただける作品になったらいいなと思います。今日ご覧になっていただいて、面白かったらぜひ公開までいろいろな方に広めてください。公開したらまた何回も観に来ていただきたいです。」とメッセージを送った。

映画「覚悟はいいかそこの女子。」は10/12(金)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。
ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。
しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次がいることに気づく・・・。 「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな斗和が、本気で大奮闘!見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top