shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 映画「響 -HIBIKI-」初日舞台挨拶!

板垣瑞生出演映画「響 -HIBIKI-」の初日舞台挨拶が、9/14(金)TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、板垣が登壇した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴さんによる大人気漫画「響~小説家になる方法~」の映画化。主人公は、低迷する文学界に突如として現れた一人の天才女子高生小説家・鮎喰(あくい)響(ひびき)。処女作で直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙を達成してしまうほどの才能に加え、何があっても自分の信念を曲げない姿勢で周りの常識や建前に囚われた人間たちに対して、彼らの価値観をも変えてしまうほど大きな影響を与えていく人間ドラマを描く。板垣は、響の幼なじみで共に文芸部に入部する椿涼太郎を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した板垣は、「今日は初日を迎えられて本当に嬉しいです。たくさんの方に観ていただきたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

イベント中にはタイトルにかけて『最近、心“響”いたエピソード』を発表する一幕も。
フリップには『なぎら健壱さんのギター』と書いた板垣だったが、作品に関してのエピソードが周りには多かったため、「話の流れをぶった切ってしまいすみません。このフリップはやめます!なぎら健壱さんも良いけど、やっぱり『響 -HIBIKI-』の主題歌が1番響きました!」と訂正し、笑いを誘った。

映画「響 -HIBIKI-」は全国東宝系にて公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【STORY】
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top