shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「キングダム」製作報告会見!

山﨑賢人が、2019/4/19(金)全国公開の映画「キングダム」で主演を務めることが発表され、10/9(火)に行われた製作報告会見に出席した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は 51 巻まで刊行され、累計発行部数3600万部超(2018年10 月現在)を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。人間模様と意志の力を描いた心理描写。いまだかつてない歴史エンターテインメント映画となっている。

山﨑が演じるのは、物語の主人公・信。戦争で身寄りをなくした孤児ながら、幼馴染で親友の漂とともに武功を上げて「天下の大将軍になる」ことを夢見る。漂の王宮行きをきっかけに秦王・嬴政と出会う。

会見に出席した山﨑は、「連載10周年実写特別動画プロジェクトに出演させていただいて、そこから2年が経ち、今回映画で主演をやらせていただくことになりました。大好きな作品で、運命的なものを感じています。原作の持っている熱さを胸に持って、死ぬ気で、身を削る思いで、撮影に挑みました。ここにいるキャストの皆さん、中国の撮影スタッフ、佐藤組全員が最高の作品になるように頑張りました。完成した作品はまだ観ていませんが、とても楽しみですし、早く皆さんにお届けしたいです。」とコメント。

信を演じた感想を聞かれ、「信は熱さや伸びしろがあって、僕自身この仕事をやる上で上に行きたいなという気持ちもあるので、共感する部分がたくさんありました。アクションや乗馬練習を半年間やったのですが、これだけのアクションをやることは初めてで、野性のようにピョンピョン動き回って戦うのは難しかったんですけど、アクション部の方と相談しながら、信ならではの動きを考えてやれたのが楽しかったですし、迫力のあるアクションシーンになったと思います。原作者の原先生ともお会いさせていただいて、映画化する上で大事にすべき場所はどこかというお話をさせていただきました。その思いを持って挑んだシーンがあって、そこを撮れたときはすごく良かったなと思いました。」と笑顔を見せた。

映画「キングダム」は、2019/4/19(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top