shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

新木優子 映画「あのコの、トリコ。」初日舞台挨拶!

新木優子出演映画「あのコの、トリコ。」が10/5(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿で行われた舞台挨拶に新木が登壇した。

同作は、「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏のコミック「あのコの、トリコ。」の映画化主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる)幼なじみ3人の、恋と夢を追いかけるストーリーが描かれる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した新木は、「今日は天気が悪かったのですが、朝から新宿の映画館で完売になっていると聞いてすごく嬉しかったですし、皆さんのおかげだと思っています。今日は来てくださった皆さまに楽しい時間を過ごしていただきたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

同作で劇中劇に挑戦しているが、「舞台のお仕事を経験したことがなかったので、自分の中で劇中劇が壁となって立ちはだかっていました。でも、吉沢(亮)さんが舞台の経験をされているので、背中を見て学ばせていただきました。」と語った。

共演の吉沢亮さん、杉野遥亮さんの印象について聞かれると、「映画の中での吉沢さんは、オタクっぽい真面目な役で、役作りもさすがだなと思いました。何もしないとこのとおりキラキラが溢れてしまうのですが(笑)、それを隠しているのが見ていてキュンとしました。座長としても明るく振る舞っていて、過酷な撮影もあった中ですごく助けていただきました。杉野さんは、クールなイメージがあって、どんな方なのかなと思っていたのですが、意外と天然なところもあって皆を笑わせてくれました。本当にこの2人で良かったなと、撮影も2人についていけば大丈夫だと思ってやらせていただいて、今振り返っても楽しい撮影期間でした。」と明かした。

映画「あのコの、トリコ。」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【STORY】
「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木頼(吉沢亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能プロダクションに頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。
ランジェリーの広告撮影の日、共演するはずだった頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top