shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「スマホを落としただけなのに」初日舞台挨拶!

北川景子主演映画「スマホを落としただけなのに」が11/2(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に北川が登壇した。

同作は、2017年の「このミステリーがすごい!」大賞で受賞には及ばなかったものの、ベストセラーになる可能性を秘めている作品という編集部の強い思いによって選ばれる“隠し玉”作品に選ばれた志駕晃による同名小説の映画化。キャッチーなタイトルからは想像もつかない圧倒的な描写力と、日本の総人口を越えるスマホが存在する現代の日常生活に潜む恐怖を描いた、新感覚のノンストップ・ミステリーとなっている。

彼氏がスマホを落としたことで、身に覚えのないメールの送信やSNSのなりすましなど、不可解な出来事が身の周りで起きて次第に命まで狙われる主人公、稲葉麻美を演じた北川は、「たくさんある作品の中から「スマホを落としただけなのに」を選んでくださって本当にありがとうございます。映画をご覧になった皆さんと初日を迎えた瞬間を共有できて嬉しいです。」とコメント。

お気に入りのシーンを聞かれ、「映画のラストで出てくるプラネタリウムのシーンです。ラストシーンからポルカドットスティングレイさんの主題歌にいく流れがすごく好き。大人になってからプラネタリウムに行くのがおそらく初めてで、すごく楽しみにして行ったのですが、撮影のライティングの都合上、何もなく真っ暗でした(笑)。流れ星を見るシーンでいつ流れるかずっと待っていたのですが最後まで流れなかった。でもそれも含めて思い出です。」と笑顔で振り返った。

その後、作品タイトルにちなみ、登壇者が自分なりの“●●しただけなのに”を考え発表。北川は“みんなが勝手に言ってるだけなのに”と答えその真意を、「今回、映画のプロモーションでいろいろな番組に出演させていただきました。ミラクルひかるさんのモノマネに笑うと意外と言われたり、宝塚のダンスをする番組があったのですが意外と乙女と言われたり。私は元々笑うし乙女な部分も一応あるのに、なんでかな?って。オンエアを観ると“クールな北川の意外な素顔”とかテロップに出ていることが多くて、みんなが勝手に言っているだけだよと思いました。」と話すと共に、「顔立ちでクールだと思われがちですが、内面は熱い人間だと自分では思っています。あと関西人なので笑いにはこだわっているんです。私も自分で笑いを取りたいと思いますし、テレビに出るからには見所というか爪跡を残したいなと思っていたこの1ヶ月半でした。」と明かすと、その思いに大きな拍手が起こった。

この日は、映画の撮影・PR活動に尽力した北川へ千葉雄大さん、成田凌さん、田中圭さん、そして中田秀夫監督からバラの花と感謝のメッセージが贈られる一幕も。北川は、「みんなからこんなにお花をもらったのは初めて。とっても嬉しかったです。ありがとうございました。」と満面の笑みを浮かべた。

そして最後に、「ひとりでも多くの方に作品を届けたいと思って作ってきましたし、プロモーションも一生懸命頑張りました。中田監督、キャストの皆さんとこの映画をお届けすることができて幸せです。プロモーションの中でスマホの怖さや落とすと大変なことになるということばかり話してきてしまった気がします。私は完成した作品を観て、自分にとって大切な人にスマホで連絡をしたくなるような、温かい気持ちが残る映画になったのではないかと感じています。今日皆さんが劇場を去る時にスマホを忘れずに持って帰っていただき(笑)、映画の感想や舞台挨拶のことをたくさん呟いていただけたらと思っています。皆さんのお力をお借りできたらと思いますので、よろしくお願いします。本日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「スマホを落としただけなのに」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
彼氏の富田誠(田中圭)に電話をかけた稲葉麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。
身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。
落としたスマホから個人情報が流出したのか?
ネットセキュリティ会社に勤める浦野善治(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。
時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷学(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。
スマホを拾ったのは誰だったのか。
連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。
そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top