shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 映画「⼗年 Ten Years Japan」初日舞台挨拶!

太賀出演映画「⼗年 Ten Years Japan」の初日舞台挨拶が、11/3(土)テアトル新宿にて行われ、太賀が登壇した。

同作は、⾹港で社会現象となったオムニバス映画『⼗年 TEN YEARS』(2015 年製作、⽇本公開2017 年)を基に、⽇本、タイ、台湾それぞれで、⾃国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5 名の新鋭映像作家が独⾃の⽬線で10 年後の社会、⼈間を描く国際共同プロジェクト「⼗年 Ten Years International Project 」の⽇本版。
石川慶監督の「美しい国」で主演を務める太賀は、自衛隊徴兵制が義務化された日本で、徴兵制告知キャンペーンを請け負った広告代理理店で働く若者・渡邊を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した太賀は、「今日は観に来てくださって本当にありがとうございます。」と挨拶。

同作にちなんで、十年後のなっていたい自分について問われると、「十年後は、そんじょそこらの事では動じないような胆の据わった大人になれたらいいなと思っています。あと、出来ることならこの仕事を続けられたらいいなと思っていますし、今回出会えた石川監督のような素晴らしい監督さんと、素敵な仲間と素敵な作品を作れる俳優になれたらいいなと思います。」と語った。

映画「⼗年 Ten Years Japan」は、11/3(土)より、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください。

【「美しい国」ストーリー】
徴兵制が施行された日本。広告代理店の社員・渡邊は、徴兵制の公示キャンペーンを担当している。ある日、ポスターデザインを一新するという防衛省の意向を、ベテランデザイナー・天達(木野花)に伝えるという大役を先輩に振られてしまい…。そこで天達のデザインに込められたある思いを知ることになる。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top