shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

椎名桔平 カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」出演決定!

椎名桔平が2019年1月15日(火)放送のカンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」に出演することが発表された。

1995年1月17日午前5時46分、未曽有の大震災が関西を襲った。6000人を超える犠牲者を出した阪神・淡路大震災。
圧倒的な自然の力は、容赦なく人々の命を奪い、生活を破壊した。神戸の街は、一瞬にしてがれきの山と化し、交通は分断され、陸の孤島となった。
中でも線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅。一刻も早く鉄道を復旧させ、人と物資を運ばなければならない…。
そんな過酷な状況のなか、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた人々がいた。
これは、過去から明日へ、人から人へ、希望の橋を架けるために困難に立ち向かった男たちの実話に基づいた物語。
74日間の壮絶な復旧工事と、それを見つめた地元の人々との関わり合いを描く感動のヒューマンドラマ。

高倉の工事をつぶさに見てきた1995年の六甲道にいた少年・春日が23年後、現代の若者にそのエピソードを語って聞かせる形で物語が進行する。
椎名はこの23年の時をまたぐ春日豊の現在(2018年)を演じる。1995年の春日豊を演じる野村周平さんと共に1人の人物を演じるのも大きな見所となる。

さらに2019年1月15日(火)放送の地上波に加え、国内大手映像配信サービス「U-NEXT」とタッグを組み、ドラマ連動コンテンツを複数、制作・配信することが決定。
連動コンテンツとしては、まずは2作の“プロローグドラマ”が1月15日(火)の地上波放送前にU-NEXTで独占配信される。
本編にもつながるストーリーとなっており、このプロローグドラマを見て地上波放送を見るとより深く作品を楽しめる。
また、地上波の放送終了後には、“BRIDGEディレクターズカット版”も独占配信。
プロローグドラマと連動するエピソードや、地上波放送本編では描き切れなかった未公開シーンも含めたディレクターズカット版は、まさに“もう一つのBRIDGE”といえる作品となっている。
さらに、『BRIDGE』放送直後の深夜には、ドラマの撮影風景や関係者インタビューを収録した“メイキングドキュメンタリー“も放送(※関西ローカルのみ)され、こちらもU-NEXTでも独占配信される。

ぜひ、カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」にご期待ください。


カンテレ開局60周年特別ドラマ
「BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸」
カンテレ・フジテレビ系 全国ネット
2019年1月15日(火)
21:00〜
  • はてなブックマーク

pagetop

page top