shadow

prev

next

ニュースNEWS

OTHER

夏帆 「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」オープニング記念作品のナレーションを担当!

夏帆が、新たなプラネタリウムエンタテインメント施設として12/19(水)東京・有楽町マリオンに開業する「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」のオープニング記念作品のナレーションを担当することが発表された。

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」は、プラネタリウムドームシアターと多目的デジタルドームシアターという日本初のツインドームに加え、体験型VRアトラクション、カフェ、ショップを備えたドームシアターコンプレックス。

プラネタリウムドームシアターは、世界有数のプラネタリウム機器メーカーでもあるコニカミノルタが、限りなくリアルで美しい星空を提供。満天の星々はもちろん、臨場感や没入感が高いデジタルドーム映像、そして最新の立体音響システム「SOUND DOME(R)」による音の移動を体感する作品など、星空を中心とした様々な作品の上映が予定されている。

また、多目的デジタルドームシアターは、最大8Kの高解像度ドーム映像が楽しめ、全天周映像作品の上映だけではなく、映像とコラボレーションした音楽ライブ、インタラクティブコンテンツ、その他各種パフォーマンスなどの実施が予定されており、プラネタリウムという枠組みに捕らわれない、新たなドーム映像体験を提供する。

夏帆は、オープニング記念作品の1つ、『To the GRAND UNIVERSE 大宇宙へ music by 久石譲』のナレーションを担当。宇宙飛行士が体験した“本当の宇宙”をテーマに、日本人宇宙飛行士の土井隆雄さん、山崎直子さん、大西卓哉さんの3名の体験を元に、そこから見える宇宙の光景(すがた)を、コニカミノルタプラネタリウムの最新投映機「Cosmo Leap Σ(コスモリープ シグマ)」と全天周CG映像で再現する。また、久石譲さんが全編にわたり楽曲を書き下ろし、久石さんの音楽と宇宙が融合する、唯一無二のプラネタリウムとして幻想的な世界を作り上げる。

夏帆がナレーションを担当する『To the GRAND UNIVERSE 大宇宙へ music by 久石譲』は12/19(水)より「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」にて上映。
星空と重厚なオーケストラのサウンドの中、夏帆の優しくも凛としたナレーションをぜひお楽しみください!

☆公式サイト:
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/special/
☆『To the GRAND UNIVERSE 大宇宙へ music by 久石譲』詳細:
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium2/winter_18_2/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top