shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「来る」初日舞台挨拶!

青木崇高出演映画「来る」が12/7(金)公開初日を迎え、TOHO シネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に青木が登壇した。

原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)で、名前を呼んではならない“あれ”に狙われた人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント。その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也監督が同作の監督・脚本を務めている。

オカルトライター・野崎和浩(岡田准一)のもとに相談者・田原秀樹(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・比嘉真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。民俗学者・津田大吾(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。そして記憶を辿る田原…幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ!
決して「■■■■」の名を呼んではならない。「■■■■」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!!
どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

上映後の舞台挨拶にて青木は、「本日は数ある映画の中から「来る」を選んでくださってありがとうございます。皆さん手に汗を握られていたのか、拍手がビチャビチャと聞こえてきました(笑)。映画は終わりましたのでリラックスしてトークを楽しんでいただきたいです。よろしくお願いします。」と笑いも交えて挨拶。

MCより“撮影現場で果敢にアドリブに挑戦されていたそうですね”と話をふられ、「正確に言うとアドリブではないというか、台本のト書きに“場を盛り上げている”などと書かれていたので、いくつか小話を用意しておいて、それを言った感じです。」と説明した。すると中島監督から“青木君は勝手にセリフを増やすんです(笑)。ただ、青木君が演じた津田は、東京には随分長く居る人。関西弁を操る青木君がどこで関西弁を使い、どこが標準語になるかの微妙なニュアンスを細かく演じてくれて、本当に上手い俳優さんだと思って感心していた”と絶賛。青木は、「ありがとうございます。監督から“どんどんアドリブをやってください。3割くらいは使いますから”って言われて、どう取ったらいいのか分かりませんでしたが(笑)…本当にありがとうございます。」と笑顔で話した。

映画「来る」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top