shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

廣瀬智紀 「映画刀剣乱舞」初日舞台挨拶!

廣瀬智紀出演「映画刀剣乱舞」が1/18(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶に廣瀬が登壇した。

原案は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。
今までに、アニメ、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスを成功させ、エンタテインメントを席巻する大人気コンテンツが、ついに初の実写映画としてスクリーンへ登場する。

西暦二二〇五年、歴史の改変を目論む歴史修正主義者によって、過去への攻撃が始まった。
時の政府により歴史の守護役を命じられた審神者さにわは、かつての刀剣を目覚めさせた。
歴史修正主義者が送り込む、時間遡行軍と戦うために。人の形をとったそれらを、“刀剣男士”という。
天正十年六月二日 京・本能寺。
明智光秀が織田信長を襲撃した“本能寺の変”に、歴史改変の魔の手が迫っていた。
燃える寺から信長を逃がし歴史を変える、そんな時間遡行軍の計画は、刀剣男士たちの活躍により打ち砕かれた。
ところが、無事任務を終えて帰還した彼らに届いた「織田信長生存」の一報。
本来の歴史に戻すため、刀剣男士たちは織田信長暗殺を目的に再び過去へと出陣するのだった。
どうやって信長は生き延びていたのか、怪しい動きをする影、そして立て続けに歴史介入をしてくる時間遡行軍。彼らの本当の狙いに気付いた三日月宗近は…
正しい歴史とは何か。“守るべきもの”を守る戦いが、今始まる!

廣瀬は、刀剣男士・鶯丸を演じている。

上映前に行なわれた舞台挨拶で廣瀬は、「皆さんおはようございます。昨日寝る時に明日は「映画刀剣乱舞」の公開日だと思い、すごく楽しみでした。皆さんも同じ気持ちでいてくださったら嬉しいです。」と笑顔。

約1年前の撮影を振り返り、「楽しかった記憶が強いです。撮影期間中にみんなとの関係性をきちんと築き上げられたので、今集まっても“3人集まればかしまし娘”みたい。」と独特な言い回しで表現すると共演者から“待って。何?どうした!?”“一旦、そっとしておこう”とツッコミが―。その後も、「“かしまし娘”みたいに笑いの絶えない現場でした。また機会があって新たな作品、続編を作れるようなことがあれば、よりギュッとなったチームワークが見れるのかなと思うとウキウキわくわくします!」とユーモアたっぷりに話すと、会場が笑いに包まれた。

舞台挨拶終盤では初日を祝い、甘酒樽で鏡開き。最後に“「映画刀剣乱舞」始めよう!”と、コール&レスポンスが行われ、盛大に舞台挨拶は終了した。

「映画刀剣乱舞」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top