shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

ブラザートム 映画「翔んで埼玉」ジャパンプレミア inTOKYO 開催!

ブラザートム出演映画「翔んで埼玉」ジャパンプレミア inTOKYOが1/28(月)TOKYO DOME CITY HALLで行われ、共演者らと共にトムが出席した。

同作は、魔夜峰央氏原作「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)の実写映画化。埼玉県人への徹底的なディスリが強烈なインパクトを放つ同作は、東京都知事の息子であり、東京屈指の名門校の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)や、アメリカ帰りの帰国子女・麻実麗(GACKT)が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成で描かれる。

トムは【現代パート】で菅原家の父・菅原好海を演じる。埼玉県熊谷市在住で、とにかく埼玉をディスられるのが気に入らないという役柄だ。

試写上映前の舞台挨拶に登壇したトムは、「(撮影では)本当の埼玉の言葉を使っていいのかと監督に聞きまして、熊谷の言葉を使って芝居をしたのですが、分かりにくいということで徐々に標準語に戻していったということがありました。」と撮影の裏話を披露。

また、「(出来上がった作品を)今回初めて観て、『今年の映画でQueenに勝つのはこれしかないな!』と思いました。」とPRし、笑いを誘った。

映画「翔んで埼玉」は、2/22(金)ロードショー!
ぜひご期待ください。

【伝説パート】
埼玉県人が東京へ入るためには“通行手形”が要る…。この通行手形制度の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形制度の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、後に残る伝説的な物語。

【現代パート】
埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。このラジオ放送が、菅原家をどのような結末に導くのか…??
  • はてなブックマーク

pagetop

page top