shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

本郷奏多 舞台「MONSTER MATES」開幕!

本郷奏多出演舞台「MONSTER MATES」が、2/8(金)東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕した。

TEAM NACS戸次重幸が送るSOLO PROJECT 第4弾「MONSTER MATES」。前回 2014 年の一人舞台「ONE」では全国 7 カ所 32 公演を行い12,000 人の動員を記録。5 年ぶりの今回は、ワンシチュエーションの五人芝居でサスペンスコメディ「MONSTER MATES」の作・演出・出演に挑戦する。

精神科医の坂上寛人(青柳翔)。居候である三波秀和(本郷奏多)。同じマンションに住む、坂上の元患者でもある鮮魚店店主の今野正志(前野朋哉)。今野の借金の取り立てに現れたヤクザの桐谷憲次(戸次重幸)。様々な事情で4人が坂上宅に会した時、謎の男・Q(吉沢悠)が突然現れる。そしてQは三波に告げる。【あなたは不老不死になりました】……。その一言で、彼らの正常な日常は崩れ始めた。果たして、Qは何者なのか?三波は不老不死になってしまったのか?不老不死をめぐる男たちの醜い争いの結末は…?

本番前に行われた会見にて本郷は、初日を迎えた心境について、「たくさん稽古してきたので、いよいよ初日を迎えられて嬉しいです。先輩方皆さん優しくて、毎日楽しいので、最後まで楽しく出来たらと思います。」とコメント。

稽古中の様子について聞かれると、「稽古に入るとき、戸次さんが全体に大声で、“何かストレスがあったら右手を挙げてください。そしたら僕が何とかしてノーストレスの稽古場を提供します”とおっしゃってくださって、そのおかげで皆が緊張せずに入れて、すごく素敵だなと思いました。ただ手を挙げることはなかったです。それほど細かく全体に気を配ってくれた素敵な稽古場でした。」と話した。

不老不死がテーマの本作にちなみ、自身が不老不死になったらしてみたいことは?という質問には、「ライオンを倒したいです。ライオンを倒した人いないと思うので、少しずつ(ダメージを)蓄積させながら、こちらは何度も蘇りながら倒していきたいです。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

舞台「MONSTER MATES」は、2019年2月~3月にかけて、東京・福岡・札幌・大阪の全国4都市で上演。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top