shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「サムライマラソン」公開記念舞台挨拶!

青木崇高出演映画「サムライマラソン」が2/22(金)公開初日を迎え、翌23日(土)TOHOシネマズ 日比谷にて行われた公開記念舞台挨拶に青木が登壇した。

同作は、日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)をベースに描いた幕末エンタテインメント。
企画・プロデュースは「ラストエンペラー」(アカデミー賞作品賞ほか9部門で受賞)を製作した世界的プロデューサー、ジェレミー・トーマスと、「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した中沢敏明。メガホンを取ったのは、ジェレミー・トーマスによって抜擢された「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」で知られるバーナード・ローズ監督。さらに製作陣には、アカデミー受賞歴を持つ錚々たる面々が集結し、音楽を担当するのは「めぐりあう時間たち」などで三度、アカデミー賞作曲賞ノミネートの経験を持つフィリップ・グラス、衣装デザインは「乱」でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミなど、世界の第一線で活躍するスタッフが名を連ねたビッグプロジェクトが誕生した。

時は江戸時代、幕末。国を守るために鎖国してきた日本は今、アメリカ政府の使者ペリーに開国を迫られて揺れていた。そんな幕末に不安を抱く安中藩主・板倉勝明は、藩士を鍛えるために十五里(約58km)の道を走らせる遠足を開催する。優勝者の望みは何でも叶えられると聞き、「姫と結婚したい」「身分を上げたい」「もう一花咲かせたい」など、それぞれの願いを胸にスタートを切った侍たち。だが、大会の裏では恐るべき陰謀が進められていた。幕末の大老が遠足を“謀反の動き”と見て、勝明暗殺の刺客を放ったのだ。そして、大会出場者の中にただ一人、この計画に気づいた男がいた。彼の名は唐沢甚内、幕末の命令で藩をスパイする“忍び”だ。長い潜入生活で、彼にはこの地に愛する妻も子もいた。「幕府か、藩か」―愛と忠誠心に揺れ動くなか、甚内は仲間たちに危機を告げ、共に戦うために走ることを決意する―。

青木は甚内の上司・植木義邦を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて青木は客席を見渡し、各キャストの名前が書かれた応援ボードを読み上げ笑いを誘いつつ、「ありがとうございます。ご覧になっている間も足元に置いて観てくださったんですね。今日はみなさんいらっしゃいますので楽しんでください。どうぞよろしくお願いします。」と笑顔で挨拶。

青木演じる植木と佐藤健さん演じる唐沢が対峙する殺陣シーンの話題となり、映画『るろうに剣心』でのコンビネーションは活かされたかと質問を受け、「『るろうに剣心』では(対峙して)戦ってはいないので…。今回、監督からは鬼気迫る、いわゆる時代劇らしさではないリアルな戦いを見せてほしいと言われました。」と話すと佐藤さんからも“練習をする時間も結構あり、殺陣とはどうやって作っていくのかを話し合ってふたりで作っていった。”と振り返っていた。

映画「サムライマラソン」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top