shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 「映画ドラえもん のび太の月面探査記」公開記念舞台挨拶!

柳楽優弥声優出演「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が3/1(金)公開初日を迎え、翌2日(土)行われた舞台挨拶に柳楽が登壇した。

1980年3月に公開された「映画ドラえもん のび太の恐竜」以来、毎年春休みに日本中の子どもたちを笑顔にしてきた映画ドラえもん。原作者である藤子・F・不二雄氏の“楽しもうと思ってくれる子どもには、楽しませて帰さなきゃいけない”という想いが映画ドラえもんを観て育った現代のクリエイターたちに受け継がれ、これまでに38本もの映画が作り続けられてきた。
そして今回、満を持してシリーズ39作目の脚本を手掛けるのは、直木賞作家・辻村深月さん。“ドラえもんがいてくれなかったら、今ここに同じ形で生きていることはなかったかもしれない”とまで話す辻村さんが、現代の子どもたち、そしてドラえもんを見て育った世代に向け、新たな物語を紡ぎだす。

月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。
そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。
すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!
はたしてのび太たちはルカを助けることができるのか!?

柳楽は、ある目的のためエスパルの持つ不思議な力を求めているディアボロの命令でエスパルを探す部隊の隊長・ゴダートの声を担当している。

上映後に行われた舞台挨拶で柳楽は、「とても良いキャラクターを担当させていただいて、嬉しかったです。ありがとうございます。」とコメント。

同作がシリーズ39作目であることから“39(サンキュー)”をもじって、今感謝していることを聞かれ、「応援してくださる方々に“サンキュー”の気持ちです。あと、わりと社会派の作品に出ることが多いので、「ドラえもん」のような作品に参加させていただくことができて感謝の気持ちです。」と話した。

また、同様の質問でメガホンをとった八鍬新之介監督が映画に関わってくださった全ての方々に感謝したいと話しつつ、柳楽とのエピソードとして、“あるシーンで柳楽さんから体を動かして声を録っていいですかと聞かれて、倒れこみながらセリフをおっしゃってもらった。でも、マイクは上の方にあるので録れていなくて(笑)。その後、音響スタッフの方が手持ちマイクで柳楽さんを追いながら録りました”と語ると会場は笑い包まれ、柳楽は苦笑いを浮かべながら、「本当にあの時はありがとうございました。」と感謝した。

さらに“月”が舞台の物語にちなみ、最近“ツキ”があったと思うことは?と質問され、「この作品の宣伝で『徹子の部屋』出れたことです。10代の頃に一度出させていただいて、十数年ぶりにまた出演することができました。ドラえもんも以前出演したということで、徹子さんとはその話題で盛り上がりました。」と笑顔で答えた。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top