shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

竹内結子 映画「決算!忠臣蔵」出演決定!

竹内結子が、2019年冬公開の映画「決算!忠臣蔵」に出演することが発表された。

同作は、「殿、利息でござる!」「忍びの国」の中村義洋さんが監督と脚本を担当し、東京大学の教授・山本博文さんによる新書「『忠臣蔵』の決算書」を実写化した時代劇エンタテインメント。赤穂事件の裏にあった秘話をモチーフに、藩主・浅野内匠頭の仇討ちをするため予算をやりくりすることになる家老と勘定方の奮闘を描く。

竹内は、金欠に悩まされる筆頭家老・大石内蔵助をを優しく時に厳しく支え続ける愛妻・りくを演じる。

同作出演に竹内は、「中村組にこうしてまた呼んでもらえた事がとても嬉しいです。台本をいただいて読んだとき、こんなにも有名なお話なのにこの作品がなければ知らなかった物事が描かれていて、驚いたのと同時に、語り継がれてきた“あのこと”に至るまでお金がかかるなんて考えたこともなかったなと気付きました。その時から私はひそかにこの作品を“目から鱗の忠臣蔵”と呼んでいます。この作品が、たくさんの方の目に触れて、一緒に鱗をポロポロ落としてもらえたら最高に嬉しいです。」とコメントを寄せた。

映画「決算!忠臣蔵」は、2019年冬公開予定!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top