shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「小さな恋のうた」完成報告記者会見&完成披露舞台挨拶!

佐野勇斗が、5/24(金)公開の映画「小さな恋のうた」で主演を務めることが発表され、3/13(水)に行われた完成報告記者会見&完成披露舞台挨拶に登壇した。

同作は、20年経った今もなお、世代・性別を問わず愛され、歌われ続けるMONGOL800 の名曲「小さな恋のうた」を基に映画化。日本の南端・沖縄。本島の小さな町に暮らす高校生たち。バンド活動を通じて音楽という絆で結ばれた彼らの未来は、招かれざる事故によって、行く先を見失ってしまう。止まった時計の針を前に進めたのは、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

佐野は、本作の主人公・真栄城亮多役を演じる。太陽のように明るくパワフルなボーカル&ベース担当。常にみんなの中心にいて他人を巻き込み、お調子者だけど子どものように純粋で憎めず、いるだけで笑いが生まれるムードメーカーであり、仲間思いで熱くていい奴という役どころ。

会見にて佐野は、約半年間に渡って行われたというバンド練習を振り返り、「半年前から作品に向けて準備するという機会はなかなかなくて、楽器を弾きながら歌うということも挑戦でした。でもその半年の練習があったからこそ、バンドメンバーの絆も深まりましたし、バンド感というものも作品にも表れたのではないかと思って、大変でしたけど、すごく実のある濃い練習期間だったと実感しています。ベースを弾きながら歌うというのが、僕の中ですごく大きな壁で難しかったのですが、大好きなMONGOL800さんの歌を歌わせていただくということで、失礼のないように死に物狂いでやろうと思って頑張りました。」と語った。

『小さな恋のうた』という楽曲について、「僕が中学生の頃、音楽室からこの曲が聞こえてきて、“何だ、この良い曲は!”と、歌詞は聞こえなかったんですけど、メロディーだけで大好きになって、母親に頼んでダウンロードしました。初めてダウンロードしたのがこの曲だったので、すごく思い入れが深いです。」と話した。

撮影中のエピソードを聞かれ、「一番思い出に残っていて、感謝しているのは、森永悠希先輩です。撮影が終わると、僕らは自分の部屋ではなく、森永くんの部屋に直帰していました。森永くんは10日間ぐらい毎晩夜ご飯を作ってくれて、僕らの健康維持をしてくれていて、バンドメンバーというよりは主夫の役割でした(笑)。本当に感謝しています。もう一つは、バンドメンバーの皆で公園で遊んだこと。本当は沖縄の有名な水族館に行きたかったんですけど遠くて行けなくて、地元の公園の遊具で遊んだことが楽しかったです。」と振り返った。

その後行われた舞台挨拶で佐野は、「皆さん、こんにちは。映画は面白かったでしょうか?撮影したのは去年だったのですが、どれだけこの日を待ち望んだことか。とても良い作品だと胸を張って、自信を持って言える作品が出来上がりました。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

誰もが知る名曲をモチーフにした作品の主演を務めることに、「プレッシャーしかなかったです。MONGOL800さんは小さい頃から知っていましたし、大好きな歌だったので、ものすごくプレッシャーを感じました。ファンの皆さんに失礼がないようにしなきゃいけないなという気持ちも大きくて、練習は相当頑張りました。」と語った。

印象に残っているシーンについて、「完成した作品を見たときに、作品の内容もキャストの皆さんのお芝居も素晴らしくて、すごく感動しました。一番気に入っているシーンは、最後のほうに学校の屋上で歌うシーン。観ていても気持ちいいなと思いましたし、実際に歌っていてもすごく気持ちよくて感情が入りました。」と明かした。

最後に、「伝えたいことがたくさんある作品なんですけど、一人一人感じることは違うと思います。その感じたことを周りの方にぜひ伝えてほしいです。大自信作となっておりますのでよろしくお願いします。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「小さな恋のうた」は、5/24(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top