shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 オリジナル劇場アニメ「HELLO WORLD」声優出演決定!

北村匠海が9月公開のオリジナル劇場アニメ「HELLO WORLD」で主人公・堅書直実の声を担当することが発表された。

同作は、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』で細田守監督の助監督を務めたのち、劇場初監督作品『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』、さらに『SAO』ムーブメントを巻き起こした立役者・伊藤智彦監督の最新作。
脚本はアニメ『正解するカド』の野﨑まど、キャラクターデザインには『らき☆すた』『けいおん!』を手がけた堀口悠紀子が参加。さらに、劇場オリジナルCGアニメ『楽園追放 -Expelled from Paradise-』などを手掛け、デジタルアニメーションの先駆者として名高い制作会社グラフィニカがアニメーション制作を担当する。

北村は、主人公・堅書直実の声を担当する。直実は、京都に住む内気な16歳の高校生。瑠璃と一緒に図書委員をやっている、という役どころだ。

同作で声優初挑戦となる北村は、「もともと、アニメが好きでずっと声優に挑戦したいなと思っていたところに、『HELLO WORLD』のオーディションのお話を頂いて、是非!やりたい!と“即答”でした。」とコメント。

10年後の未来からやってきたカタガキナオミの声を松坂桃李さん、そして同作のヒロインで物語のカギを握る一行瑠璃の声を浜辺美波さんが担当するが、「浜辺美波さんとは久々の共演、そして松坂桃李さんとも以前ご一緒したドラマ以来で、またこうやってお二人と“再会”できたことがとても嬉しかったです。心強いキャストの皆様と、伊藤監督のもと心地よく収録は進んでいったと実感しています。是非、この映画をみてハラハラドキドキしてください!」と収録の様子も交えて語った。

この度、特報映像が初解禁。2027年の古都・京都を舞台に、伏見稲荷大社、上賀茂神社、出町柳の鴨川デルタなど、京都を代表する史跡や名所が描かれており、極限まで拘りぬき、鮮麗な色彩で仕上げられた映像は必見だ。

オリジナル劇場アニメ「HELLO WORLD」は、9/20(金)公開。
ぜひご期待ください!



(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会
  • はてなブックマーク

pagetop

page top