shadow

prev

next

ニュースNEWS

LIVE

はちみつロケット 初Zeppワンマンライブ「H.R.ADVENTURE〜はちロケ 春の大冒険!〜」開催!

はちみつロケットの初Zeppワンマンライブ「H.R.ADVENTURE〜はちロケ 春の大冒険!〜」が4月6日(土)にZeep TOKYOで開催された。

グループカラーの黄色いペンライトで埋め尽くされた会場からメンバーの登場を待つ期待感が伝わり、ライブ前にも関わらず様々な場所からコールが起こる。

そして、メジャーデビュー曲「はちみつロケット〜黄金の七人〜」でライブがスタート!
「おかしなわたしとはちみつのきみ」「花火と漫画とチョコと雨」などシングル曲が続く。

MCでは「こんなにたくさんの人が来てくれると思わなかったから、幕が下りた瞬間びっくりした!」「本当に“ありがとう”しか出てこない。今日はみんな、はちロケだけを見にきてくれてるでしょ。はちロケのためにこの日を空けてくれたんだよ。そんなの“嬉しい”しかない」「ずっとこの日を待っていたので、Zepp TOKYOの舞台に立って、立ち心地って言うんですか?やっぱり違っていて、すごくいいです」と公演を迎えた感想と、感謝の気持ちを語った。

ライブではおなじみの「千年ミラクル」「なかよしグループ」「ギリギリサマー」が続き、「ギリギリサマー」のエンディングでは、雨宮・澪風・華山・公野・播磨のダンスパフォーマンス、さらには森・塚本のユニット曲「ある蒼い恋の物語」が初披露された。

白いコートに着替えたメンバーが揃うと「夜空にきらめく花」「Naked Love」とバラード曲が続き、最新シングル「忠犬ハチ公」のイントロに合わせメンバーが「忠犬ハチ公」のリメイク衣装にチェンジ。最新シングルの「忠犬ハチ公」で会場を盛り上げると、ラストスパートとして「陰陽―Yin Yang―」から 「WHITE☆FIGHTERS」まで怒涛の連続6曲パフォーマンスで会場の盛り上がりも最高潮に!「MOTTO MOTTO!」では黄色のフラッグが会場を埋め尽くした。

最後にロケッター(はちロケファンの名称)に涙ながらに感想を伝えた。

森青葉「今日は私の友達も来てくれているんですけど、ロケッターのみんなも今日初めて見る友達をたくさん連れて来てくれて“ありがとう”という気持ちを伝えたいと思います。この4月6日のZepp TOKYOのライブは私たちのスタートだと思っています。今日はメンバーにスポットが当たる曲を披露したのですが、私と(塚本)颯来ちゃんが2人でやらせていただけたことがすごく嬉しくて、言われた時は私でいいのかなと不安に思ったんですが、嬉しかったし、みなさんが喜んでくれたらやった甲斐があったし、またやりたいなと思いました。今日は集まってくれてありがとうございました。これからもよろしくお願いします」

播磨怜奈「最初『黄金の七人』で出て来たんですけど、階段下りながら私、“スター感”出たなと思ったんですよ(笑)。でもそうやって思えたのはロケッターのみなさんの熱い眼差しを感じたからだと思うんです。みなさんがいなければ私たちも輝けないし、みなさんの人生に関われて本当によかったなと思いました。知ってる方がこんなに増えてすごいなって思ったけど、これから私たちを知っている人がもっともっと増えて東京ドームとかトントン拍子でいけちゃうくらい、自分が自分で成長したなって自覚できるように頑張っていきたいなと思います。これからもはちみつロケットついて来てください。」

塚本颯来「Zepp TOKYOは私でも知っているくらい有名な会場で、デビューして1年経っていないのに単独でライブができるのは本当に贅沢で、すごいことなんですね。最初聞いた時はキャパが大きすぎると思ってたけど、ロケッターとはちのスタッフとメンバーを信じてずっとここまでこれたので、本当に本当に嬉しいです。不安だったけど、ロケッターのみんなが私たちのためにお友達を呼んでくれたり、少しでも多くの人に集まってもらえるように宣伝をしてもらったりしてくれて嬉しかったです。ロケッターのみなさんから私たちは信じてもらえている思っているので、それを裏切らないように、大好きなメンバー7人と大好きなロケッターと大好きなはちのスタッフとダンスの先生と一緒に楽しんでいきたいです」

公野舞華「今日この日この時間、私たちと過ごすことを決めてくださり、本当にありがとうございます。さっき初めてきた人って聞いて時に手を上げてくれた人の中に絶対1人はロケッターに連れてこられた人もいると思うんですよ、本音は。でも、その中の何人かにはちみつロケットの何かが刺さってくれて、気になり始めたなと思ってくれたら私は満足です。こうやって温かいロケッターに支えてもらわないと大きなライブもできなかったです。自分たちの実力不足が原因だと思います。。温かいロケッターの支えも必要なんですけど、たくさん、たくさん頑張って貰わない程度には頑張りたいです。いつかは引っ張れる存在になりたいので、ここにいるみなさん末長くよろしくお願いします。」

華山志歩「今日は1年に1 回しかない4月6日をはちみつロケットにはちみつロケットに捧げてくれたりあがとうございます。ライブが決定した5ヶ月前はこんな風になるって思っていないかったし、楽しみな反面、Zepp TOKYOは大きいので今の私たちには無謀な挑戦だと思いました。はちロケはそれぞれやりたいことがバラバラなんですけど、4月6日にZepp TOKYOやるって決まってからはみんなが同じ方向に走れたので今までで一番一つになれたと思います。少し前にはちロケの中での役割について話した時、自分の役割がわからなかったけど、その後一人で考えてはちロケのことが好きなこと、ロケッターのことが大好きなことは誰にも負けないって思って、これからは伝えられるようなパフォーマンスができるように頑張ります。Zepp TOKYOは終わってしまいますが、またみんなで何かに向けて走っていきたいので、また新たな目標を掲げていきたいと思うんですけど、みんなついてきてくれますか?もっともっといい景色を見せていきたいと思うので、これからもよろしくお願いします」

澪風「一番最初のワンマンライブが去年の9月にあって、その時はもっともっと全然少ない人数だったんですけど、たくさんロケッターさんが増えたなって嬉しかったんですよ。それからたくさん時間が過ぎて、こんなにたくさん黄色に染まった景色を見れているのは素敵だと思うし、メンバーにも大人のみなさんにもみんな、みんな感謝だなと思います。初めて仕方なく来てくれた人もがいても、私たちはちみつのように粘りっこいので次も絶対来たいと帰ってから思ってもらえるように、ここにいる全員は少なくとも次のライブも来て欲しいと思ってもらえるような最高なライブだったなという思い出になっていて欲しいです。今日は来てくれてありがとうございます。また来てください」

雨宮かのん「大きいことをたくさん言ってきたけど今日を迎えるのが本当に不安だったので、楽しかったと言う声が聞けて本当に嬉しいです。今日のライブははちロケにとって一番大きな壁だと思うし、本当に無謀する挑戦だなと思ってました。でも、大きな無理な壁を私たちに与えてもらえたことはすごく幸せなことだと思います。必死な姿を見せることは恥ずかしいことじゃないと思います。私たちと一緒にたくさん友達を呼んでくれたりとかたくさん宣伝してくれたりしてくれたロケッターさん、そして今日時間を作って見にきてくれたみなさん、そして今日までライブを作り上げてくれたはちのスタッフさん、みんながいてくれたからできたことだし、こんなに素敵な景色を見せてくれたありがとうございます。今日ここに来てくれたみなさんがこの時間をはちロケに使ってよかったと思ってくれたら本当に嬉しいです。」

ライブ本編の最後は「フレンドリーム」で笑顔でライブを終えた。

そして、多くのアンコールにこたえステージに登場し、「放課後リフレイン」とロケッターからのリクエスト「ハニートランポリン」が披露された。ライブは笑いと感動の中、無事に終了した

しかし、はちロケコールが鳴り止まず、Wアンコールに応えてメンバーが再登場。
「またZeppでライブがしたいです。今回は指定席だったけど、次はオールスタンディングで埋めたいです。みなさん、本当に本当にありがとうございました」と挨拶し、笑顔でステージを後にした。

この日、2019年7月初東名阪ツアーが発表されたはちみつロケット。
ぜひ、会場ではちロケライブをお楽しみください。

【ライブ】
初東名阪ツアー「タイトル未定」
2019年7月14日(日)名古屋
2019年7月15日(月祝)大阪
2019年7月21日(日)東京
※詳細は決定次第、公式サイト、メルマガ「はちロケ養蜂情報センター」でお知らせします。

「はちロケ養蜂情報センター」
https://www.stardust-member.jp/hachimitsurocket/entry.asp
  • はてなブックマーク

pagetop

page top