shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

美村里江 映画「パラレルワールド・ラブストーリー」完成披露試写会!

美村里江出演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の完成披露試写会が4/16(火)都内で行われ、監督・キャストと共に美村が登壇した。

原作は、累計発行部数140万部を突破、2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描いた東野圭吾氏の大ベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。
映像化不可能と言われ続けてきた傑作ミステリーが、ついに待望の実写映画化となる。

ある日突然、崇史(玉森裕太さん)が迷い込んだ2つの世界。
1つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆さん)と自分が恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太さん)の恋人に…。
混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。
目が覚めるたびに変わる世界の中で、真実にたどりつけるのか?

美村は、外資系企業の付属研究所で主人公・敦賀崇史と同じ班に所属する先輩研究員、桐山景子を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて撮影時の思い出エピソードを聞かれ、この日登壇した半数のキャスト陣が緊張感のある現場だったと話し、玉森さんにいたっては熱が入り鼻血が出てしまったというエピソードが語られるなか美村は、「わりとのほほんと楽しく現場に行っていたので、まさか玉森さんが鼻血を出すまで追い詰められていたとは驚きました。」と振り返るとともに、「私が脚本を読んで感じたのは、大変な設計図だということ。皆さんが観て理解していただくために、東野さんの原作ありきではあるのですが映像に仕立てると変わるので、ものすごく創意工夫が必要で、脚本を作る苦労がおありになったと思います。さらに、撮る最中には俳優の苦労があって、編集でもひと勝負ということで、チーム全体が一致しないと無理な現場だと思っていました。私自身はキャラクター的に皆さんのご苦労とは違うところがあったので、そのあたりは大変楽しかったです。」と話した。

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」は、5/31(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top