shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 主演映画「キングダム」初日舞台挨拶!

山﨑賢人主演映画「キングダム」が4/19(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に山﨑が登壇した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、4/19に発行された最新54巻までの累計発行部数が4000万部超を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。この大ヒット漫画を原作とするエンターテインメント映画『キングダム』がいよいよ公開となる!

山﨑が演じるのは、物語の主人公・信。戦争で身寄りをなくした孤児ながら、幼馴染で親友の漂とともに武功を上げて「天下の大将軍になる」ことを夢見る。漂の王宮行きをきっかけに秦王・嬴政と出会う。

上映後に行われた舞台挨拶で、大歓声が上がる客席を歩きながらステージに登場した山﨑は、「今日は『キングダム』の初日に足をお運びいただき、本当にありがとうございます。今通ってくる時に“すごく良かった”と言ってくださったり皆さんの顔を見て、すごく安心しました。嬉しかったです。」と笑顔。

中国、そして日本での撮影を経て公開初日を迎え、「昨日まではフワッとしていたのですが、映画はお客様に観ていただいて初めて生きていくんだと感じました。作品に込めるものは全て込めましたし、やれることはやったので、皆さんに伝わっていけば嬉しいです。」と心境を吐露した。

また、クランクアップではこみ上げるものがあったと言い、「それぐらい一生懸命になれましたし、『キングダム』に、そして信という役に出会えて本当に良かったです。クランクアップの時は、信として挨拶をしてしまって…。それくらい信が大好きでしたし、信になっていたんだと思います。どんどん広がっていけば嬉しいです。」と感慨深い様子で語った。

この日は、同作のテーマである“夢”に合わせて、自身の“夢”を新元号の発表風に披露。山﨑は、「“天下の大将軍”です。信をやれて本当に幸せだったので、このまま信を生き続けるのが夢ですし、この映画をやれたこと自体が夢のようなことでした。天下の大将軍になるまで演じ続けたいと素直に思います。俳優としても高みにいきたいという意味も込めて“天下の大将軍”にさせていただきました。」と思いを込めた。

最後に、「これだけの素敵なキャスト、スタッフと最高の作品を作ることができました。撮影当時は信を生きることだけに集中して全力で演じました。クランクアップした時は、やり切った気持ちもありながら寂しさがありました。観てくださった方々に『キングダム』の面白さや熱がどう伝わって、どう広がっていくのか。良いと思ってくださったら、信たちのように熱い心を持って生きてくださったらと思います。作品に思いを込めたので、これからは皆さんに広めていただきたいです。よろしくお願いします。ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「キングダム」は、現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top