shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

藤田真広 舞台「恋ばば十四歳!」公開ゲネプロ!

藤田真広出演、ドラマデザイン社公演 舞台「恋ばば十四歳!」の公開ゲネプロが5/1(水)劇場HOPEにて行われた。

原作は、薗田正弘氏の小説「雨のち14歳」(徳間文庫)で、 2010年、シアターグリーンで上演され好評を博した舞台「恋ばば十四歳!」の再演。

87歳の汐原静江は、ごく普通のお婆ちゃん。
癌で余命3ヶ月を宣告された雨の日、鏡の中に映し出される自分の顔を見て驚いてしまう。14歳の自分がいた。それ以来、静江は雨が降ると14歳に戻ってしまう。
孫の弘夢に14歳の姿で連れ出された静江は、芸能プロダクションのマネージャー・輝貴に出会い、恋してしまう。
彼は73年前の決して叶うことのない初恋の相手、謙太朗その人にそっくりだった。そして謙太郎にスカウトされ、雨の日限定アイドルとしてデビューすることになるのだが…。

藤田は、【雨チーム】で汐原弘夢を演じる。

自身の役どころについて藤田は、「僕が演じる弘夢君という子は思った事をすぐ行動してしまう子です!
でも男の子らしい可愛い部分がいっぱいなのでセリフや動きに注目して欲しいです!」とコメント。

これからご来場いただくお客様へ向けて、「今回の作品は演じていてとても考えさせらる内容となっています。
見れば見る程話に飲み込まれると思います。
とても深いお話なので出演者の表情の変化や感情の変化を見逃さずご覧頂けると嬉しいです!
皆様のご来場お待ちしております。」とメッセージを送った。

笑い、涙、ファンタジーが詰まった舞台「恋ばば十四歳!」は、5/6(月)まで劇場HOPEにて上演。
ぜひ劇場でご覧ください!

公式サイト
公式Twitter
公式facebook

藤田真広公式Instagram
  • はてなブックマーク

pagetop

page top