shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

福島愛 主演舞台「恋ばば十四歳!」上演中!

福島愛主演、ドラマデザイン社公演 舞台「恋ばば十四歳!」が5/2(木)劇場HOPEにて開幕した。

同作は、薗田正弘氏の小説「雨のち14歳」(徳間文庫)を原作に、2010年、シアターグリーンで上演され、好評を博した舞台「恋ばば十四歳!」の再演。笑い、涙、ファンタジーが詰まった物語が描かれる。
公演は、雨チーム・晴チーム2Ver.でのキャスト編成で行なわれ、福島は晴チームで主人公の汐原静江・雨宮しずくを演じる。

福島は、自身の役柄について「昔から頑固で素直になれない87歳の汐原静江は、ある日雨が降った以降雨の日だけ昔の姿に戻ってしまいます。素直で無垢になれなかった静江は、昔恋してた健太郎にそっくりな輝貴に偶然出会ってしまいます。花村芸能プロダクションに務めていた輝貴にスカウトされたアイドル嫌いの静江は果たしてどの様にして生きていくのか。全てに注目です。」とコメント。

ご来場いただく皆様へ向けて「恋ばば十四歳の作品は、あらすじと同じになってしまいますが秋吉織江さん演じる汐原静江が輝貴さんと出会ってから生き方が変わっていきます。静江さんに関わって行く人達も静江さんに心を動かされていきます。千穐楽まで怪我なく精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。」とメッセージを送った。

舞台「恋ばば十四歳!」は、5/6(月)まで劇場HOPEにて上演。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
87歳の汐原静江は、ごく普通のお婆ちゃん。癌で余命3ヶ月を宣告された雨の日、鏡の中に映し出される自分の顔を見て驚いてしまう。14歳の自分がいた。それ以来、静江は雨が降ると14歳に戻ってしまう。孫の弘夢に14歳の姿で連れ出された静江は、芸能プロダクションのマネージャー・輝貴に出会い、恋してしまう。彼は73年前の決して叶うことのない初恋の相手、謙太朗その人にそっくりだった。そして謙太郎にスカウトされ、雨の日限定アイドルとしてデビューすることになるのだが…。

公式サイトはこちら
公式Twitterはこちら
公式facebookはこちら
  • はてなブックマーク

pagetop

page top