shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

矢野優花 映画「プリズン13」出演決定!

矢野優花が8月公開の映画「プリズン13」に出演することが発表された。

同作は、世界で最も邪悪な心理学実験として知られる、“スタンフォード監獄実験”を基に描く未体験の密室ゲームムービー。

女子大生のマリ(堀田真由)が、人気Vtuberソフィアの公開実験に参加することに。姉であるユマ(板野友美)と義兄のコウキ(前野朋哉)は、内容も良く知らぬまま彼女を送り出す。マリが実験現場に到着すると、そこには4メートル四方の巨大な監獄が。これから行われる実験は、12人の被験者を看守と囚人に分け、監獄生活を疑似体験させる<監獄実験>らしい。ソフィアは、そこで立場や役割によって人格が変化するかを確かめるという。7日間、この奇妙な部屋で看守になることになったマリ。しかし、実験は次第にエスカレートしていき。遂に死者が出てしまう…。

矢野は、地下アイドル・GUMIを演じる。

脚本を読み矢野は、「看守と囚人という役割を与えられ、一つの空間で過ごす中で剥き出しになっていく人間の狂気的部分や真意がとても面白くて、根底にある不気味さといい、何だかゾクゾクする作品だと思いました。またGUMIという役は自分の中でチャレンジすることが多くて、どう演じようか、そういった意味では凄くわくわくしました。」とコメント。

もし、自分がこの監獄実験に参加する事になったら、看守と囚人どちらの役が嫌か、また、その役になってしまったら自分はどうなると思うかという問いに、「自分がやるとしたら囚人がいいかなと思います。看守の方が自分でも気付いていなかった、自分の嫌な部分を見てしまいそうなので。それって結構怖いことだと感じます。」と答えた。

映画「プリズン13」は、8/30(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top