shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

横浜流星 ドラマ「4分間のマリーゴールド」出演決定!

横浜流星が、10月スタートのドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS)に出演することが発表された。

同作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画をドラマ化。手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリーとなっている。

救急救命士として働く花巻みことには、手を重ねた人の「死の運命」が視えるという特殊な能力がある。これまでに視た「死の運命」は、どれだけみことが手を尽くそうとも必ず現実になってしまうのだった。そんなみことが抱えるさらなる重い事実――それは最愛の義姉・沙羅が1年後にこの世を去るという「死の運命」を視てしまったこと。一つ屋根の下に暮らす義姉である沙羅を愛してしまったみことは、あと1年、沙羅の幸せのために尽くすことを心に誓う。

横浜が演じるのは、花巻家の兄弟で、みことが9歳のときに、親の再婚を機に沙羅とともに義理の兄弟となった、料理好きな末っ子の藍(あい)。兄弟の中で一番クールに見える藍だが、時折子どもっぽい一面を見せることもあり、特に実姉の沙羅から可愛がられている。家族の食事を作るのが藍にとっての楽しみであり、家族はみんな藍の作る料理が大好きという役どころ。横浜は本作で“料理男子”に初挑戦。藍お手製の家庭料理で彩られる花巻家の食卓も見どころのひとつとなっている。

自身が演じる役柄について横浜は、「僕が演じる藍は、末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているが故に周囲に馴染めない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います。」とコメント。

役作りについて、「藍は花巻家の料理担当なのですが、僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて…。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います。」と語った。

さらに、共演の福士蒼汰さん、菜々緒さん、桐谷健太さんの印象について聞かれると、「主演の福士さんは、穏やかな優しい雰囲気で、同性も憧れる素敵な魅力をもっていらっしゃる方だと感じました。これからたくさんコミュニケーションをとっていけたらと思います。菜々緒さんは芯の強い女性という印象がありますが、今作で沙羅という女性をどのように演じられるのか、撮影が始まるのが今から楽しみです。桐谷さんは会った瞬間からフランクに接してくださって、とても優しい方だと感じました。安心感があってユーモアあふれる方なので、“アニキ”として頼りにさせていただきたいです。」と話した。

最後に視聴者の方々へ「このドラマは切ないけどすごく心が温まる作品です。ぜひ楽しみにご覧ください!」とメッセージを送った。

ドラマ「4分間のマリーゴールド」は、TBS系で10月より毎週金曜22:00~放送!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top