shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣瑞生 初主演映画「初恋ロスタイム」初日舞台挨拶!

板垣瑞生初主演映画「初恋ロスタイム」が9/20(金)に公開初日を迎え、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。

同作は、2016年に刊行された仁科裕貴氏による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫 KADOKAWA 刊)の実写映画化。主人公の浪人生・相葉孝司が、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇し、そこで出会った自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音ともに、毎日1時間だけ起きる、不思議な時間“ロスタイム”の切ない<秘密>に迫るこの秋一番泣けるラブストーリーだ。板垣は、幼い頃母親を病で亡くした経験から諦め癖のついた浪人生・相葉考司を演じる。

上映後の舞台挨拶に登壇した板垣は、「この日を迎えられて本当に幸せです。これから色々な方に観ていただけるように尽力していきますので、今日は楽しい時間にしましょう。よろしくお願いします。」と挨拶。

初日を迎えた感想を改めて問われると、「本当にありがとうございます。“ありがとうございます”その一言に尽きます。観てくださった皆さんがこの映画を観てどう思ってくれたか分からないですが先程すごく大きな拍手を頂いて、主演で素敵な共演者の方々ともやらせていただくことができて本当に良かったなと思えました。僕自身も色々な経験をさせていただきましたし、(観ていただいた皆さんが)ちょっとでも日常生活が楽しくなったと思っていただけたなら良かったなと思っています。」と感慨深げに語った。

また、撮影を振り返って「(自分の中で)挑戦というのがすごくあって、普段の自分は今回演じた役のような子じゃないんですよ(笑)。そういう意味で自分がどれだけ面白くできるのかというのがありました。スタッフの皆さんもすごく協力的にやってくださいましたし、“(このシーンは)ふざけてもいいですか?”と監督に言ったら“ふざけな”と言ってくださったり、好きなように挑戦させてくださった現場でした。」とコメント。

最後は、「本当に今日は来て下さってありがとうございます。初恋ロスタイムという映画は、僕にとって初主演ですし、色々な方のスタートになる作品なのかなと個人的には思っています。これから観てくださる皆さんにそれがちょっとずつ伝わって、最後はみんなに好きになってもらえる映画になってくれたら嬉しいです。ご協力お願いします。」とメッセージを送り、締めくくった。

映画「初恋ロスタイム」は全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top