shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

常盤貴子 「第32回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

常盤貴子出演映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が、「第32回東京国際映画祭」Japan Now部門(※)に選出され、10/28(月)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに常盤が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生し、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第32回を迎える今年は10/28(月)~11/5(火)まで開催、六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場ほか、都内の各劇場および施設・ホールで様々な企画・イベントが行われる。

映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は、大林宣彦監督が20年振りに古里「尾道」で撮影を敢行、今夜限りで閉館する最終オールナイト上映で3人の若者たちが映画の世界にタイムリープするファンタジー。
映画を観るうちに現代の若者3人が銀幕の世界にタイムリープし、戊辰、日中、沖縄、そして広島の原爆投下…戦争の歴史と映画の歴史を行き来しならが、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルなど映画の愉しさが満載のエンタテインメント大作となっている。

レッドカーペットイベントで監督、キャストらと共にインタビューに応じた常盤は「今回は劇団員のように一人何役も演じています。その感じが俳優としての喜びでもありました。ひとつの役を生きることも面白いのですが、スタートがかかった瞬間に別の役にもなれる。これぞ映画だという気がして、楽しかったです。これからは、“私何でもできます!”って言えます(笑)。幅が広がりました。」と語った。

同作の上映は、11/1(金)16:50よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN2にて行われる。
また、同映画祭の特集として「映像の魔術師 大林宣彦」が行われ、常盤出演映画「花筐/HANAGATAMI」が11/4(月)10:25よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN9にて上映される。

映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」は、2020年4月公開予定。
ぜひご期待ください!

◆「第32回東京国際映画祭」公式サイト
https://2019.tiff-jp.net/ja/

※Japan Now部門
過去1年の日本映画を振り返り、独自の視点でセレクションした部門。
“今”の日本映画が概観できる作品が上映されることで注目を集める。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top